8月24日、関西ジャニーズJr.の人気グループ「なにわ男子」の道枝駿佑が今冬公開予定の映画『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE』に出演することが発表された。

 

道枝は10月スタートの深夜ドラマ『消えた初恋』(テレビ朝日系)でSnow Man・目黒蓮とW主演を務めることも決まっており、俳優仕事が順調なことに喜ぶファンがいる一方、一部では「ゴリ押しされすぎでは」といった不満の声も上がっているようだ。

 

嵐の松本潤が主演したTBS系連続ドラマの劇場版となる『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE』で、道枝は事件が起きた村の青年・重盛守を演じる。
先輩との共演について道枝は「松本くんはお芝居にストイックで勉強になるところがたくさんあり」「もっと成長して勉強したいと思いました」と意気込むコメントを発表している。

 

道枝は今年、1月期のTBS系金曜ドラマ『俺の家の話』でTOKIO(当時)の長瀬智也が演じた主人公の甥っ子役を、今月21日に放送された『24時間テレビ』(日本テレビ系)内のドラマスペシャル『生徒が人生をやり直せる学校』では、King & Prince・平野紫耀演じる教師の生徒役を演じており、さらに『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE』では松本、『消えた初恋』では目黒と、ジャニーズの先輩たちとの共演が続いている。

「なにわ男子は11月12日にCDデビューすることが発表されており、ジャニーズ側としても今一番推しているグループ。
中でも道枝さんはグループの中でセンター的なポジションであり、グループの顔として絶賛大売り出し中なのでしょう」(芸能事務所スタッフ)

 

19歳という若さながら、2017年の沢尻エリカ主演ドラマ『母になる』(日本テレビ系)を皮切りに数々のドラマや映画作品に出演してきた道枝だが、このところ続々と俳優仕事が決まっていることに違和感を覚えるというジャニーズファンも少なくないようで、Twitterでは「道枝のバーター率えぐくない?」「なんつーか、ちょっとみっちーのゴリ押し感が否めない」「みっちーゴリ押しされすぎ他のメンバーにも仕事あげてください」「道枝駿佑の事務所からの推され具合が尋常じゃない」といった声も上がっているようだ。

「出演作の多い道枝さんですが、昨年も木村拓哉さん主演の連続ドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)、V6の井ノ原快彦さん主演の映画『461個のおべんとう』と大先輩との共演が続いたため、“バーター”の印象が強いのでしょう。
とはいえ、こうした先輩たちも若手のうちは同じような形で出演させてもらってます。
問題はこのチャンスを生かせるかどうかですが、『461個のおべんとう』の兼重淳監督からは『この話をいただいた時に彼の顔しか浮かばなかった』『会った瞬間、この子で間違いないなと思った』とベタ褒めされてますし、スタイルやルックスの良さだけでなく、演技力もメキメキと伸びている。
最近では『生徒が人生をやり直せる学校』で虐待される高校生の役を熱演し、シリアスな演技でお茶の間の涙を誘いました。
与えられたチャンスをしっかりと自分のものにできているからこそ、事務所も存分に推しているのでは」(テレビ局スタッフ)

 

事務所に期待されていることは間違いなく、数いるジャニーズタレントのなかでも特に大きなチャンスを与えられている印象のある道枝。
「なにわ男子」デビューに向けて、グループの知名度向上のためにも、今が頑張りどきなのは間違いなさそうだ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。