今度こそ!?「ジョジョの奇妙な冒険」山崎賢人主演で実写映画化が実現か!?


“実写映画化説”が浮上しては消えていた『ジョジョの奇妙な冒険』(集英社)だが、ついに2018年、実現することが決定したようだ。
主演は数年前に報じられた嵐・松本潤ではなく、現在“最もマンガ実写化に適した俳優”と称される山崎賢人が務めるという。

『ジョジョ』は、荒木飛呂彦氏原作の長編マンガで、1987年より「週刊少年ジャンプ」で連載スタート。
今回の実写映画は、最も人気が高いとされる第三部で決定しており、山崎は主人公・空条承太郎を演じるとみられている。

「第三部といえば、目立ったヒロインも登場しない完全なバトル編。
共演には集客が見込める若手イケメンタレントが多数登場するはずですが、ことキャスティングに関して、原作ファンの理解を得ることができるのか、関係者も固唾を呑んで見守っています」(映画会社関係者)

主演の山崎に関しては、今回の『ジョジョ』登板について「いい意味で個性がなく、アクがない」部分が買われているそうだ。

「山崎といえば、この1年だけでも、映画『ヒロイン失格』『orange‐オレンジ‐』『オオカミ少女と黒王子』、また連続ドラマ『デスノート』(日本テレビ系)と、次々マンガ原作の実写化作品に出演しています。
女性人気が高い上、どんな役でもソツなくこなす山崎は、実写化不可能といわれた『ジョジョ』の主役にうってつけの人材なのかもしれません」(同)

関係者の間では、幾度なくと浮上した“ジョジョ実写化説”。
数年前には松本の主演説が業界中に駆け巡ったものだが、「確かに企画は進行していましたが、何らかの理由により頓挫してしまったようです。しかし、今回はすでに撮影など進行スケジュールも決まりつつあるし、出演や制作陣のトップによほどのことがない限り、企画が流れることはないでしょう」(同)。

先日は人気マンガ『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)の実写映画化がHey! Say! JUMP・山田涼介主演で正式発表され、原作ファンからは批判も出ていたが、果たして山崎版『ジョジョ』は、ファンに受け入れてもらえるのだろうか? 
続報に注目したい。