山崎賢人主演「アトムの童」の7話が11月27日放送。
路上のゴミ箱につまづいて転ぶ興津…興津役のオダギリジョーの演技に視聴者からは「ゴミ箱に突っ込んでもカッコいい」「こんなオダジョー見たかった」などの声が続出。
SNSに多数の投稿が上がっている。

 

山崎さんが日曜劇場およびTBS連続ドラマ初主演を務める本作は、「相棒」シリーズや「この恋あたためますか」などを手がけた神森万里江による完全オリジナルストーリーとなり、インディーゲーム界で天才的な才能を発揮する主人公たちが、小さな玩具会社で再び巨大企業に挑んでいく姿が描かれてきた。

 

ゲーム界のバンクシー“ジョン・ドゥ”として知られる天才ゲームクリエイター・安積那由他を山崎さんが演じ、もう1人の“ジョン・ドゥ”として那由他とともにゲームを作ってきた菅生隼人に松下洸平。

老舗玩具メーカー「アトム玩具」のひとり娘で、「SAGAS」に会社が買収された後、改めて「アトムの童」を立ち上げる富永海に岸井ゆきの。
念願叶って「アトム玩具」の技術を手に入れたインターネット検索サービス「SAGAS」(サガス)の社長・興津晃彦にオダギリジョーといったキャストが出演。

 

「アトム玩具」が「アトムの童」に社名を変え、新たなスタートを切って数年。
那由他と隼人はシアトルで会社をやらないかと誘われる。
次のステージを見据えるようになっていた2人は、アトムでの自分たちの役割は終わったと考え、海外行きを決意する。

 

一方、興津は「SAGAS」の株が大財閥の「宮沢ファミリー オフィス」に大量取得され始めたことに危機感を覚えていた。
同社の社長・宮沢沙織(麻生祐未)は興津にゲーム事業の売却をせまるなか、興津は経済産業省の堂島由里子(西田尚美)を頼る…というのが今回のストーリー。

 

しかし堂島から「御社との蜜月はもう終わりました」とはしごを外されてしまう興津。
会食していたレストランを出ると、怒りの表情を浮かべながら天に向かって叫び声を上げる…のだが、その直後そばにあった路上のゴミ箱につまづいて転び、ゴミの上に倒れ込む。
怒りが収まらない興津はそこにあったゴミ箱を投げつけ…。

「ゴミ箱に突っ込んでもカッコいいオダギリジョー流石やなぁと思ってしまった」
「ゴミ捨て場でコケても絵になる。それがオダジョー」
「ゴミ置き場で暴れるオダジョーなんて、最初で最後な気がするw」
「逆光での咆哮、ゴミに倒れ混むオダジョー こんなオダジョー見たかった」

など、このシーンに視聴者から絶賛の声が相次ぐ。

 

危機に瀕した興津は「アトムの童」を訪れ助けを求める。
もちろん社員たちは皆協力を拒むのだが、アトムの技術を返すという興津の言葉に、那由他は彼に力を貸そうと決め、海外に行こうとする隼人と決別することに…。

 

再び袂を分かつことになる那由他と隼人…
そんなラストに視聴者からは

「ここで振り出しに戻すとは!」
「波乱の展開が過ぎるのよ…」
「いやいや、体感15分で終わってしまったな」

といった反応が続々と送られている。

 

【第8話あらすじ】

「アトムの童」の技術を取り返すために、興津のもとでゲーム開発をすることを決めた那由他。
一方、隼人は一人でシアトルへ向かうことを決める。
「SAGAS」の経営存続を賭けた株主総会までに新作ゲームの開発に取り組む那由他だが、アイデアが浮かばず行きづまってしまう。
不利な状況を察した興津は最後の頼みの綱である、ある男(山崎努)の元へ向かうが…。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。