第104作の朝ドラ『おかえりモネ』は、時代劇ではなく現代が舞台。
宮城県気仙沼に生まれた“モネ”ことヒロイン・永浦百音が、気象予報士という天気にとことん向かい合う仕事を通して、人々や故郷に幸せな未来を届けようとする希望の物語だ。

 

脚本は『リッチマン、プアウーマン』『G線上のあなたと私』などを手がけた安達奈緒子のオリジナル作品。
宮城・気仙沼や登米でのロケなど見どころいっぱいの本作。
そのポイントを吉永証制作統括に直撃です!

 

制作統括に直撃(1)

気象予報士にスポットを当てたワケ
「朝ドラっていろんな職業のヒロインが出ていますが、なるべく同じ仕事にはしたくありませんでした。
今回、多くの人と関わる、接点がある職業にしようと考えたときに、天気ってみなさんに非常に身近なもの。
でも、それをどう仕事や生活に活かせるか、普段から意識しているわけではないと思うんです。
そういう部分をヒロインのモネを通して考えたりして、人と人とをつなぐドラマが作れるのではと思い、気象予報士を選びました」

 

制作統括に直撃(2)

豊かな自然の映像美に注目
「ロケをした時期がそうだったのかもしれませんが、気仙沼の天候か変わりやすく、天気予報は晴れでも急に雲が湧いてきて雨なんてこともよくありました。
天気を題材にしたドラマでありながら天気に泣かされるという(笑)。
でも、きれいな海や山にかなり行って撮影したものが、すごく期待していただける感じに仕上がっています。
豊かな自然の映像美も見どころです」

 

制作統括に直撃(3)

タイトルに込めたある思い
「震災のときに気仙沼にいなかったということが心にひっかかっているモネが、登米や東京に行き故郷に対して何ができるかを模索。
やがて成長し帰郷したモネを、みんなが少しずつ迎え入れていく。
ご覧いただくとだんだんわかりますが、家族とのちょっとした心のすれ違いや、思いの違いが次第にほぐれていく中で、“おかえり”という気持ちでみんなが再び受け入れるようになっていくんです。
そういう意味もありこのタイトルにしました」

 

先取りストーリー
【第1週】
’14年春、気仙沼の離島・亀島で育った百音は、高校卒業を機に、内陸の登米の大山主・サヤカの家に下宿。森林組合見習い職員として働き始める。
娘が心配な耕治は頻繁に電話をするが、百音は忙しくて連絡がつかない。
そんなある日、東京から人気気象キャスターの朝岡が登米を訪れ町は大騒ぎ。
実は朝岡はサヤカとある縁があって……。

 

【第2週】
森林組合で見習いとして働いていた百音は、努力のかいもあり正式に職員として採用される。
同僚に祝福され喜ぶ百音。
そこに突然、耕治が娘を連れ戻そうとやって来る。
久々に父とゆっくりと会話をするが、林業を学びに来た小学生の体験学習に駆り出され森へ行くことに。
初めは天候に恵まれ順調に体験学習は進むが、予期せぬ事態に見舞われる。

 

人物紹介
永浦百音(清原果耶)
’95年に生まれ気仙沼で育った。
中学時代はアルトサックスに打ち込み、高校卒業と同時に故郷を離れ、登米の森林組合で働き始める。
そこで天気予報の魅力を知り、気象予報士を目指すように

 

【気仙沼】
永浦耕治(内野聖陽)
地元の銀行に勤める百音の父。
性格は陽気で屈託ない。
2人の娘が大好きで、登米に暮らす百音のことが心配で仕方がない

 

永浦亜哉子(鈴木京香)
きまじめな百音の母。結婚後、島の人々の明るさと温かさに惚れ込み、移り住んだ。
登米で自分の将来を見つけようとする百音を応援

 

永浦龍己(藤竜也)
牡蠣の養殖名人である百音の祖父。
若いころはマグロ漁船に乗っていた。
寡黙で頑固だが心優しく、2人の孫娘に海や森の豊かさを伝えた

 

永浦未知(蒔田彩珠)
妹で百音の2歳下。
家業の養殖をするため、水産高校で勉強を。
堅実に先を読んで行動するしっかり者だが、意地っ張りな面も

 

及川亮(永瀬廉)
百音とは小さいころからウマが合い、気心知れた仲。
高校卒業後に漁師見習いになる。
運動神経抜群で性格もよく、とにかくモテる。父親との関係に密かに悩む

 

及川新次(浅野忠信)
亮の父で、昔は気仙沼で有名なカリスマ的漁師だった。
百音の父・耕治とは親友。
震災で自分の船を失ってから、立ち直るきっかけをつかめずにいる

 

【登米】
新田サヤカ(夏木マリ)
所有する山林を森林組合に託し、カフェや診療所も経営する登米の資産家。
百音の祖父・龍己とは旧知の仲で、登米にやってきた百音を下宿させている

 

佐々木翔洋(浜野謙太)
百音が働いている森林組合で課長を務める。
百音に林業のことから森林セラピー、ユニークな事業も教える。
組合長でもあるサヤカの発案に振り回されることも

 

菅波光太朗(坂口健太郎)
サヤカが開設した診療所の医師。
東京の大学病院に籍を置き、1週間ごとに診療所へ。
常にドライで無愛想で、百音とソリが合わないことも

 

【東京】
朝岡覚(西島秀俊)
テレビで有名な気象キャスター。
東京の民間気象予報会社で働いている。
物腰が柔らかく、百音とは登米を訪れた際に出会い、のちに上京すると上司に

 

5月17日スタート
連続テレビ小説『おかえりモネ』
NHK総合月曜~土曜朝8時~ほか(土曜日は1週間の振り返り)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。