結婚記念日目前・・・乙武洋匡、不倫を認め妻と共にFAXで謝罪


乙武氏には2001年に結婚した妻がおり、現在、8歳の長男、5歳の次男、1歳の長女を持つ身。
教諭の経験があり、都の教育委員も務めた“教育者”の不貞行為ということになる。

昨年末、乙武氏は20代後半の女性と共にチュニジア、パリを旅行した。
「ダミー」として、男性1人も同行させていたという。
乙武氏も不倫関係を認め、「3、4年の付き合いになります」を告白。
この女性以外にも旅行に行く関係にあった女性が他に2人、「ひと晩限り」の関係だった女性が1~2人いたと認めている。

都内の自宅マンションを出てきた本人に取材を試みたところ、否定し、事務所スタッフが運転する車に乗り去った。
その後、改めての取材申し込みに応じ、

「肉体関係もあります。不倫と認識していただいて構いません」「彼女とは3、4年前からのお付き合いになります」

と不倫を認め、さらに“これまでの結婚生活で5人の女性と不倫した”と告白した。

乙武さんのコメント発表は想定されていた。
だが、数ある有名人の不倫問題でも、妻がコメントを出すのは異例だ。

最近では、30歳年下の女性ファンとの不倫疑惑を女性セブンに報じられた歌手石井竜也(56)が謝罪コメントを出した翌日の今月17日、都内での番組収録後、カナダ人のマリーザ夫人と手をつなぎながら会場を出たケースがある。
早期の騒動火消しに、妻の力を借りたケースでは似ている。

なお、乙武さん妻の仁美さんは、自身が早大の卒業式を迎える01年3月25日の午前、乙武さんとの婚姻届を提出している。

当時、乙武さんは自身のHPでこの結婚を「ギャンブル」と位置づけ、「僕らは必ず成功を収める」と宣言していた。
明日25日が、結婚15年の記念日になる。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。