パクリ、二番煎じ、イラつく・・・夏ドラマ初回視聴率ランキング!!


今月スタートした連ドラの初回ラッシュも、ひと段落。第1話の視聴率をランキング形式で振り返ります。

初回の平均視聴率のトップ10は以下の通り(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

1位『家売るオンナ』(日本テレビ)12.4%
2位『女たちの特捜最前線』(テレビ朝日)11.6%
3位『仰げば尊し』(TBS)11.4%
4位『刑事7人』(テレビ朝日)10.8%
5位『そして、誰もいなくなった』(日本テレビ)10.7%
6位『営業部長 吉良奈津子』(フジテレビ)10.2%
7位『好きな人がいること』(フジテレビ)10.1%
8位『はじめまして、愛しています。』(テレビ朝日)10.0%
9位『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』(フジテレビ)9.6%
10位『時をかける少女』(日本テレビ)9.4%

トップの『家売るオンナ』は、北川景子の結婚後初となる主演作。
北川は、瞳孔開きっぱなしで、ロボットのような口調で家を売りまくる主人公・三軒家万智を演じていますが、開始早々、「『家政婦のミタ』の松嶋菜々子みたい」「『ハケンの品格』の篠原涼子みたい」「『ドクターX』の米倉涼子みたい」などと、既視感を訴える視聴者が続出。
総じて「二番煎じ」という評価のようです。
しかしながら、回を追うごとに役が板に付いてきた印象の北川。
さらに、仲村トオル、イモトアヤコ、工藤阿須加、梶原善といった脇役陣のキャスティングが心地いい雰囲気を醸し出しています。
ですが、第2話は平均視聴率10.1%まで落ちており、トップを独走するのは難しいかもしれません。

2位は、撮影中に主演の高島礼子の夫・高知東生容疑者が覚せい剤取締法違反などの容疑で逮捕されたことで、しきりにワイドショーなどでタイトルが連呼された『女たちの特捜最前線』。
高島「私、明日から警官役のドラマの撮影で、長期の京都ロケで不在にするから」
高知「そうかい。君の演技は日本一だよ(わーい。五十川敦子ちゃんに連絡とって、キメセクしよーっと)」
という会話が交わされたか否かは不明ですが、視聴者の野次馬根性が視聴率を引き上げたのは確実でしょう。
ちなみに、一部週刊誌が今後、劇中に覚せい剤の話が出てくると報道。
主人公がどんな絡み方をするのか注目です。

3位の『仰げば尊し』は、寺尾聰が主演を務める学園ドラマ。
セリフが少なくとも、顔の演技だけで日本アカデミー賞主演男優賞が取れてしまう寺尾に、「広い世界に、飛び出してみないか!」「今しかできないことをやろうじゃないか!」と、同局『スクール☆ウォーズ』よろしくベタ台詞を言わせまくる衝撃作です。
同局『ROOKIES』の脚本家と演出家が再びタッグを組んだ同作ですが、製作に東宝ががっつり絡んでおり、今後、『ROOKIES』同様に劇場版が発表される可能性は高そう。
ちなみに、『仰げば尊し』の原案の舞台となっている野庭高校は、高島礼子の母校だとか。
高知容疑者も、『女たちの特捜最前線』同様に楽しみにしていたドラマかもしれませんね。

4位の東山紀之主演『刑事7人』は、昨年の第1シリーズから1年ぶりの放送となる第2シリーズ。
無遠慮で協調性のない捜査官という役どころの東山ですが、ネット上では「第1シリーズとキャラ変わりすぎ」「前のほうがよかった」「今回、かっこつけすぎ」と話題に。
確かに、前回はどこか愛嬌のあるキャラでしたが、今回は全力でかっこつけた舘ひろしのようです。
どうやら、その理由は“キャラ重視”から“ストーリー重視”に方向転換されたため。
しかし、これが災いしてか、第2話は1ケタに数字を落としてしまいました。

5位の『そして、誰もいなくなった』は、藤原竜也が同姓同名の男の逮捕をきっかけに追い詰められていく本格サスペンス。
藤原、玉山鉄二、ミムラ、二階堂ふみ、黒木瞳といった豪華出演陣に、視聴者の期待値も高かったものの、突飛ながら陳腐な展開の連続は、視聴者の間でも賛否が。
ネット上では、「登場人物が面倒くさい」「イライラする」「ごちゃごちゃしすぎ」といった感想のほか、「オリジナルって言ってるけど、サンドラ・ブロック主演の『ザ・インターネット』のパクリでは?」という声も見受けられます。

6位の『営業部長 吉良奈津子』は、松嶋菜々子演じる広告代理店の売れっ子クリエーティブディレクターだった吉良奈津子が、3年の育児休暇を経て仕事復帰する物語。
フジは「等身大の女性を描く」とアピールしていますが、主人公が“広告代理店で働くバリキャリ(しかも、ベビーシッターまで雇っている)”という時点で、バブル臭ムンムン。
早くも、多くの視聴者の心を離してしまったようです。
また、大ヒット作『半沢直樹』(TBS系)を明らかに意識しているシーンも見られ、フジテレビの必死さが伝わってきます。

逆に、今期もっとも大コケしてしまったといえそうなのが、向井理主演『神の舌を持つ男』(TBS)。
向井、木村文乃、佐藤二朗演じる3人が、日本各地の温泉地を巡りながら事件を解決していく、ギャグ満載の“コミカルミステリー”とのことですが、初回から豪快におスベリ。
演出を手掛ける堤幸彦氏は、「この構想に20年を費やした」と語っていますが、視聴者は「向井の不思議キャラがイラつく」「木村がうるさい」「驚くほどつまらない」とバッサリ。
プライム帯ながら初回平均視聴率は6.4%。第2話では5.7%と、さらに数字を落としてしまいました。
ここまで“おもしろいでしょう感”全開のドラマがコケちゃうのって、なんだか辛いですね……。

初回は平均視聴率10%前後のドラマが多く、上位が団子状態となっている今期。
昨年は「15%超えたらヒット」と言われていたものの、今や「2ケタで万々歳」。
テレビ業界の厳しい現実が垣間見えます。
また、先月の株主総会で、亀山千広社長が「視聴率回復の糸口は“ドラマ”」であると明言していたフジテレビですが、今期も不発。
仄暗いお台場の底から這い上がるのは、一体いつになるのでしょうか……?