天皇陛下が生前退位のご意向を固められるまでの深い苦悩と熟慮

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

天皇陛下が「生前退位」の意向を示されているとNHKが報じ、列島に激震が走った。
陛下は数年内に皇太子さまへの譲位を望まれており、美智子さまや皇太子さま、秋篠宮さまはすでに陛下のお気持ちを受け入れられているという内容だった。

「宮内庁は即座に“陛下がそのような意向を伝えたという事実は一切ない”とコメントを発表し、強い調子で報道を否定しました。
その後も、陛下の意向はなかったと報じるメディアがあるなど、情報が錯綜しました」(皇室記者)

女性セブンの取材で陛下がご意向を固められるまでの、1700日にわたる深い苦悩と熟慮が浮かび上がってきた──。

はじまりは2011年、東日本を未曾有の大震災が襲った年だった。
陛下は被災者の慰問のため、3月30日、福島からの避難者が身を寄せた東京武道館(足立区)を皮切りに、5月中旬まで7週連続で1都6県を回られた。
地震や放射能の専門家から50回以上説明を受けるとともに、皇居のブレーカーを落としたり、30℃を超える猛暑の中でもエアコンを極力使用しないなど節電にも努められた。
もちろん、平時でさえ多忙を極める通常の公務の合間を縫ってのことである。

心身ともにお疲れが出たのか、同年11月6日から、陛下は発熱のため入院を余儀なくされた。
告げられた診断はマイコプラズマによる肺炎。容体はなかなか回復せず、11月中の公務はすべてキャンセルされた。
その中にブータン国王夫妻の歓迎行事(11月16日)があった。

「陛下が国賓の歓迎行事に出席できなかったのは、即位以来、その時が初めてでした。
天皇であることは、公務をまっとうすることと同義と常々お考えになっていた陛下は、公務に対する責任感が非常に強く、徹底的に体調管理をされてきた。
そんな中での欠席は、極めて残念で衝撃的な出来事だったのと同時に、“公務がすべて”という大原則が、その日崩れてしまったのです」(宮内庁関係者)

当時、陛下は77才。その頃から、陛下は皇太子さま、秋篠宮さまと意見交換などをされる三者会談を始められたという。

「ブータン国王夫妻の式典には皇太子さまが代理として出席されました。
陛下が満足に公務をできないことが今後も起こるかもしれず、その時は次世代に任せるほかありません。
摂政を置くことや譲位を含め、皇室の将来を話し合う場として、宮内庁長官を立会人とする三者会談を不定期で行うことにしたのです」(皇室ジャーナリスト)

さらにターニングポイントになったのは、翌2012年2月、心臓の冠動脈に狭窄が見つかり、バイパス手術に踏み切った時だった。

「2003年1月の前立腺がんの摘出手術以来、9年ぶりの手術でした。
3週間の入院を経て退院。
それからわずか7日後、難しいと思われていたのですが、東日本大震災の追悼式典に出席されました。
手術を経たことでも心境にまた変化が見られるようになりました」(前出・宮内庁関係者)

術後の2012年7月から、陛下は前述の三者会談をより重視され、月1回のペースで行われるようになった。
会談後のお食事には美智子さまがご一緒されることもあり、皇室の行く末についての陛下のお気持ちはご家族で共有されることになった。
そしてその年の11月、秋篠宮さまは誕生日会見でこう明かされた。

「定年制というのは、やはり必要になってくると思います(中略)ある一定の年齢を過ぎれば、人間はだんだんいろんなことをすることが難しくなって行きますので、それは一つの考えだと思います」

陛下やご家族の話し合いの中で、「退位」が現実味を帯びようとしていた。

昨年12月の誕生日会見で陛下はこう述べられた。

「私はこの誕生日で82になります。
年齢というものを感じることも多くなり、行事の時に間違えることもありました。
したがって、一つ一つの行事に注意深く臨むことによって、少しでもそのようなことのないようにしていくつもりです」

そのような状況の中で、今回の「生前退位のご意向」報道の決定的なきっかけともいえる出来事が宮中で起きていた。
宮内庁は5月9日、陛下の公務を年10件ほど減らすことを発表した。

「当初、宮内庁が陛下に提示した削減案は現状の公務を半分ほどにまで減らすという大がかりなものだったそうです。
しかし、陛下はその案をご覧になって、顔色を変えられたといいます。
公務を何より重要視される陛下は“天皇である以上は公務をまっとうしたい”といつになく強い口調でおっしゃったそうです。
半面、大幅な公務削減の提示に“私の体調が公務に支障をきたすならば、退位させてもらうしかない”と、『生前退位』のご意向を固められたといいます」(前出・宮内庁関係者)

陛下のご決断には、常に側で自らを支えてくれた美智子さまへの配慮もあった。
頸椎症性神経根症による肩や腕の痛みを抱えられている美智子さまは、昨夏には心筋虚血による胸の痛みで精密検査を受けられた。

「陛下は自らが天皇として公務に励む以上、美智子さまにも心身ともに重い負担をかけてしまうことを心から憂慮されたといいます。
ご自身の体調と美智子さまの健康、そして何よりも、天皇としての公務とのかかわりを熟慮された上でご決断を下された。
5月中の三者会談の場で、陛下はご意向を皇太子さまと秋篠宮さまに伝えられたといいます。
4年後の東京五輪を、新天皇のもとで迎えるべきだともお考えになられ、数年以内の実現を望まれているそうです」(前出・宮内庁関係者)