フジテレビ、小倉智昭のリストラ失敗!?


膀胱がんの手術のため、MCを務める情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)を5月16日から休養していた小倉智昭キャスターが22日、公式ブログで21日に退院したことを報告。
「体は元気なんですが、一カ月は禁酒、金辛、禁欲、金ゴルフ。それが辛いです」としながらも、23日からの仕事復帰に意欲を燃やした。

小倉は13日の放送で「昨年末、微量の血尿を見つけ、細胞診を受け、がんがありそうだとわかった。内視鏡を入れ、がんが見つかった」と報告していた。

しかし、その休養をめぐって、小倉とフジテレビの間で“暗闘”が繰り広げられていたようだ。
「小倉の膀胱がんは、スポーツニッポンのスクープでした。
小倉は記事が掲載されることを知らされておらず、しかも記事には『芸能界を休業』と書かれていた。
これに小倉は大慌て。
即座に番組内で『小倉の顔を一生懸命に見ている人がいるかと思いますが、こんなに元気で休業なんかできないでしょ』と、深刻な状態でないことをアピール。
休業を否定し、1週間の休養と訂正しました」(芸能ライター)

実は、このスポニチのスクープは、フジテレビ関係者によってリークされたのではないかという話が、業界内でまことしやかにウワサされているという。

スポーツ紙のデスクが耳打ちする。
「フジテレビは視聴率が軒並み低迷し、赤字に苦しんでいる。
社員のボーナスや給料も大幅に削減される見込みという厳しい状況です。
小倉のギャラは年間2億円といわれ、当然、局サイドはなんとかして小倉を切り、同局の笠井信輔アナにすげ替えたいと以前から考えていた。
しかし、視聴率を上げた功労者ということもあり、むげに首を差し替えるわけにもいかない。
そこで、今回が千載一遇のチャンスだったというわけです。
しかし、小倉もそれを察知して、すぐに否定。降板を回避した。
小倉の中でフジテレビへの不信感が芽生えたのは間違いない」

小倉のリストラ計画は、ひとまず失敗に終わったようだが、厳しい状況が続くフジテレビだけに、小倉もしばらく安心はできないだろう。