2000年にTBSで放送された長瀬智也主演の連続ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」のBlu-ray BOXが、11月26日に発売される。

 

宮藤官九郎が初めて連続ドラマの脚本を手掛け、若者から熱狂的な支持を集めた作品。
プロデューサーの磯山晶は「いろいろな意味で奇跡の作品です。存分に楽しんでください!」とコメントを寄せている。

 

石田衣良氏の同名小説を映像化した同ドラマは、池袋を舞台に、果物屋店番兼トラブルシューターである主人公の真島誠(長瀬)が、ストリートギャング・Gボーイズの“キング”こと安藤崇らとともに次々起こる難事件を解決する青春ミステリー。
長瀬、キング役の窪塚洋介のほかにも、当時は若手俳優だった加藤あい、山下智久、妻夫木聡、坂口憲二、小雪、佐藤隆太、阿部サダヲらが出演。
「ケイゾク」「トリック」シリーズの堤幸彦らが演出を手掛けた。

 

Blu-ray BOXには、連続ドラマ11話と2003年に放送されたスペシャルドラマ「池袋ウエスト ゲートパーク スープの回」の未公開シーン40分を追加した“完全版”を収録。
特典映像として、未公開シーン、主要キャストのインタビュー、メイキング、テレビスポット集なども収められている。

「池袋ウエストゲートパーク Blu-ray COMPLETE BOX【連続ドラマ+SPドラマセット】」(3万4320円※税込み)は11月26日発売。

脚本を担当した宮藤、磯山プロデューサーのコメントは以下の通り。

【脚本 宮藤官九郎 コメント】

池袋ウエストゲートパークが放送された2000年。
TBSから毎週届く完パケはDVDですらなくビデオテープでした。ギリ20代だった僕は、ナイフほどじゃないけどボールペンの先っちょ程度には尖っていて、若気が至りまくっていて、今観ると目に耳に痛い部分もあるのですが、Blu-ray化で解像度が上がるんですね。
今でも、週2人くらいに「自分、IWGP世代なんで」と言われます。
だいたい茶髪で眉が細くてピアスと指輪とタトゥーで情報過多な30代半ばの男性。
なんだか申し訳ない気分になります。

 

【プロデューサー 磯山晶 コメント】

「池袋ウエストゲートパーク」のBlu-ray発売!
本当に嬉しいです!
このドラマは今でこそ「たくさんのスターを生んだレジェンド的な作品」と言っていただくことが多いですが、放送当時は視聴者からの抗議の電話が鳴りやまない、区役所にも警察署にも怒られ続けた「問題作」なのです。
当時を思い出すと「もう二度と作れない!」としみじみ思います。
いろいろな意味で奇跡の作品です。存分に楽しんでください!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。