一部週刊誌で交際が報じられていたアイドルグループ・AKB48の岡田奈々さん(25)が23日、グループから卒業することを発表し、謝罪の言葉とともに卒業への心境を明かしました。

 

岡田さんは自身のツイッターを通じ「週刊誌の件でお騒がせしてしまい 多大なるご迷惑をおかけしたこと 本当に申し訳ありませんでした。 謝罪のコメントを出すのが 遅くなってしまったこともごめんなさい。今まで応援してくださったファンの皆様を 裏切るような行動をとってしまい 傷つけてしまい 本当にごめんなさい。 幻滅させてしまいごめんなさい」と重ねて謝罪しました。

 

また「過去に選抜総選挙でスキャンダルを批判し 真っ直ぐに頑張っているメンバーが 報われるグループに変えていきたいと 風紀委員を名乗り出たのにもかかわらず こうして嘘をつくような形になってしまい 申し訳ない気持ちでいっぱいです。 ただ、当時の自分の言葉に嘘は1つもありません」と心境をコメントしています。

 

また、卒業については「自分なりによく考え しっかりとけじめをつけることに決めました」と明かし「スタッフさんからは 卒業の必要は無いと言われましたが 何度も話し合い 自分で決断しました」と明かしています。

 

岡田さんは2012年に14期生としてAKB48に加入。
同期の小嶋真子、西野未姫とともに「三銃士」として注目され、『第10回AKB48 世界選抜総選挙』では第5位にランクイン。
センターも2度経験し、2017年から今年3月までSTU48を兼任するなど、中心的メンバーとして活躍している。

 

卒業時期は未定だといい「最後までAKB48の活動を頑張りたいと思います」としています。

 

【岡田奈々 コメント全文】

週刊誌の件でお騒がせしてしまい
多大なるご迷惑をおかけしたこと
本当に申し訳ありませんでした。
謝罪のコメントを出すのが
遅くなってしまったこともごめんなさい。
今まで応援してくださったファンの皆様を
裏切るような行動をとってしまい 傷つけてしまい
本当にごめんなさい。
幻滅させてしまいごめんなさい。

 

過去に選抜総選挙でスキャンダルを批判し
真っ直ぐに頑張っているメンバーが
報われるグループに変えていきたいと
風紀委員を名乗り出たのにもかかわらず
こうして嘘をつくような形になってしまい
申し訳ない気持ちでいっぱいです。
ただ、当時の自分の言葉に嘘は1つもありません。

 

説得力が無いと思われても仕方ないのですが
この10年間 アイドル活動を
全力で取り組んできたことは本当です。
AKB48グループを スタッフさんたちを
メンバーのみんなを ファンの皆様を
愛している気持ちは本物です。

 

自分なりによく考え
しっかりとけじめをつけることに決めました。
AKB48を卒業します。
スタッフさんからは
卒業の必要は無いと言われましたが
何度も話し合い 自分で決断しました。
卒業時期は未定ですが
最後までAKB48の活動を頑張りたいと思います。
後日また改めてお話しさせてください。

 

ファンの皆様 メンバーのみんな
こんな人間でごめんなさい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。