中谷美紀が事務所独立を決心したのは渡部篤郎との破局が原因だった!?


今年の7月でデビュー25周年を迎えた中谷美紀。
それを機に今まで所属していた事務所から独立、個人事務所を設立した。

「40歳を目前にして大きな決断と言えるでしょう。
中谷は茶道や日本舞踊など日本文化に関心を持っており、以前からそちらの方で仕事をしたいと考えていました。
そこで事務所と意見が食い違い、このような行動に出たと言われていますが、やはり元事務所とは揉めたようです」(女性誌記者)

今年で39歳になる中谷。そのワガママぶりは、業界でも有名だったという。

「言いたいことは言わないと気が済まない性格。映画『嫌われまつ子の一生』では、監督と大喧嘩して撮影を一日ボイコットしたことも」(スタイリスト)

そんな激しい気性ゆえ、事務所でも持て余していたと関係者は語る。

「元事務所の社長にも、ずいぶん無理を言っていたようです。
『マネージャーを変えてほしい』は当たり前。
仕事の内容やスケジュールにまで口を出すようになり、社長も業を煮やし、『辞めたいんだったら辞めてもいい』と言ったとか」(事務所関係者)

一見、本人のワガママが原因のように見えるが、実は、独立には渡部篤郎との恋愛問題が大きく絡んでいたという。

「二人は渡部が離婚する前、まだRIKAKOと別れる前から交際がスタートしました。
それから実に15年も関係が続き、二年前からは結婚も視野に入れて同棲も始めました。
しかしその後、渡部がアラフォー美人とデートする姿が女性週刊誌に報じられ、プライドの高い中谷は完全に冷めてしまったと言われています」(前出・女性誌記者)

ゴールインは確実と目されていた二人だったが、渡部の火遊びにより、結婚は白紙に。

「もともと渡部は、中谷に誘われて09年に同じプロダクションに移籍しました。
しかし破局となった今、同じ事務所で仕事をするのは、中谷も我慢ならなかったのでしょうね。
自分が事務所に誘っただけに複雑な気持ちだったのでしょう。
独立には、きっとそのことも絡んでいるのでは‥‥」(プロダクション関係者)

実力派女優として評価が高く、CMも数本抱えている中谷。独立後はどうなるのか、気になるところである。

 【中古】ケイゾク コンプリートBOX <初回生産限定&g...

ケイゾク コンプリートBOX <初回生産限定&g…
価格:20,473円(税込、送料別)

【楽天ブックスならいつでも送料無料】ゴーストライター D...

ゴーストライター D…
価格:18,468円(税込、送料込)