能年玲奈は本当に独立できるのか!?


所属事務所・レプロエンタテインメントとのトラブルで長らく芸能活動が停滞していた能年玲奈が、今年6月いっぱいで切れるレプロとの契約延長の打診に応じず、独立する方針であることが発表された。
これからは、ブレイク前より演技指導などをしてもらっていた滝沢充子氏と一緒に設立した個人事務所で活動していくことになると思われる。

「日刊スポーツ」の報道によれば、〈レプロ側は最後まで契約延長をあきらめていない〉(5月24日付)となっているが、それはまったくの嘘だろう。
能年玲奈を干しあげ、飼い殺しにしてきたのは他ならぬレプロだからだ。

『あまちゃん』(NHK)での大ブレイク後、能年はこれからの日本の映画界・ドラマ界を背負って立つ若手女優として皆から期待されていた。
しかし、その後、目立った活動は、映画『ホットロード』『海月姫』やドラマ『世にも奇妙な物語』(フジテレビ)への出演ぐらい。
あとはほとんど仕事らしい仕事を与えず、干しあげていた。

そして、能年が事務所側のマネジメントに不信感をもち、独立を願い出ると、ブレイク前から指導を受けてき滝沢氏に「洗脳」されている、として、独立を認めず、すべての仕事を剥奪。能年は全く仕事のない飼い殺し状態におかれてしまった。

それだけではない。
週刊誌やスポーツ紙に独立騒動の情報を流し、能年バッシングの流れをつくりあげた。
逆に、そのリークに乗らず、能年側に立って、『あまちゃん』出演時のギャラはたった5万円だった、などひどい待遇を報じた「週刊文春」(文藝春秋)には訴訟まで起こして、マスコミを黙らせてしまった。

その間に、同じく『あまちゃん』からブレイクした有村架純は、映画『ビリギャル』や『アイアムアヒーロー』など、興行的にも批評的にも高い評価を得る作品に次々と出演。
『ビリギャル』にいたっては日本国内のみならず、中国でもヒットを記録し、『あまちゃん』以降失速してしまった能年とは対照的に、若手女優として確固たる地位を築いている。
また、順調に活動していれば能年の立ち位置であったであろう清純派若手女優の枠には、広瀬すずがおさまり、こちらも、『海街diary』に『ちはやふる』シリーズと、話題の映画に次々と出演。揺るぎない地位を固めている。

能年は、なぜ事務所を辞めたいのかと問いつめるレプロ社長に対して、「仕事をさせてもらえないからです。事実、連ドラは入れてもらえていません。もうすぐ私の20歳という歳が干されて終わる」と悲痛の叫びをあげている。
実際に彼女の20歳という歳は干されて終わってしまった。
いや、それどころか、すでに21歳も干されて終わっており、22歳ももうすぐ終わることになる。

しかも、ここにきてようやく、レプロとの契約が切れたとはいえ、本当に能年ちゃんがすんなりテレビやスクリーンに戻ってこられるかはまだ、疑わしい。
レプロのバックには芸能界のドン・バーニングプロダクションがおり、独立しても、このまま仕事を干しあげ続ける可能性があるからだ。

実際、今回のスポーツ紙の報道などを見ていると、前述したようにレプロ側を被害者のように扱い、能年を悪しざまに批判している。
事務所の戦略ミスやマネジメントの強引さによって、能年は彼女のいうように20歳、そして21歳を期待以上に輝けないまま終えてしまった。
しかも、今、レプロはその存在を完全にツブシにかかっている。
つまらない意地とメンツで希有な才能の女優生命を断ってしまうことが、日本の映画やテレビドラマにどれだけ大きな損失を与えるかが、こういう連中にはおそらく理解できないのだろう。