10月14日に最新シリーズとなるSeason21がスタートしたテレビ朝日系ドラマ『科捜研の女』(毎週木曜夜8時)。

 

1999年にSeason1がスタートし、それ以来22年にわたって人気を継続するこのドラマだが、このシリーズで終了すると、週刊文春や女性セブンが報じている。

 

報道によると、木曜8時のドラマ枠そのものが来年7月に消滅する予定で、それに合わせて『科捜研の女』も終了するとのこと。
この木曜8時枠は比較的高齢者に向けたドラマが多いが、コア視聴率が重視される昨今、テレビ朝日はより若い世代に向けた番組を模索するという。

 

また、『科捜研の女』は東映京都撮影所で撮影されており、キャストの宿泊費や移動費といったコストも掛かるため、テレビ朝日としては“経費削減”の意味でも木曜8時枠を終わらせたいとの思惑があるようだ。

「テレビ朝日の言い分はわかりますが、それでも『科捜研』ほど安定した人気があるドラマシリーズはないですよ。
いまここで終わらせるのは愚策としか思えない。
何らかの形で継続させるべきだと思いますけどね」(ドラマ関係者)

 

主演の沢口靖子はそのままに、若いキャストを入れて『NEO科捜研の女』を制作する案も浮上しているという。

「『科捜研』も一時期『新・科捜研の女』というタイトルになっていたこともあるし、シリアスな回が多いシーズンもあれば、全体的にコミカルなシーズンもあるなど、実は結構リニューアルを繰り返しているんですよね。
だから、キャストが一新して“NEO”になるのもまったくおかしなことではない。
とても現実的な案だと思いますよ」(同)

 

また、今回の『科捜研の女』終了の背景には、テレビ朝日と東映の関係性の変化もあるという。
テレビ朝日は東映の筆頭株主であり、『仮面ライダー』や『スーパー戦隊シリーズ』などの制作においてもタッグを組んでいるが、昨年に東映の岡田裕介会長が亡くなったことがひとつのきっかけとなり、テレ朝と東映の間に距離生まれつつあるとも言われている。

「テレ朝は経費を減らして“コア視聴率”と稼ぎたいという狙いがあるわけですが、東映にとってみれば、人気番組である『科捜研の女』を取り上げられるのは歓迎できる話ではない。
しかも、今年の9月には初の映画化となる『科捜研の女 -劇場版-』も公開されており、東映も今後の映画シリーズ化を画策していたはずですからね。
もしも、ドラマ版の『科捜研の女』がリニューアルすることなく終了してしまうのであれば、東映がこの企画を引き取ってシリーズ物の映画として継続させるという可能性もあると思います。
東映としてはむしろ映画に特化した企画になってくれる方がうれしいのかもしれませんけどね」(映画関係者)

 

現在放送されているドラマシリーズのなかでは最長の記録を誇っている『科捜研』。
果たしてあっさりと終わってしまうのか、それともリニューアルされるのか、はたまた映画シリーズとなるのか──。
多くのファンが固唾を飲んで見守っている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。