ジャニーズ枠廃止へ!?Mステ ミュージックステーションに「AAA」が6年ぶりに出演!!


男女7人組パフォーマンスグループ・AAA(トリプル・エー)が、28日放送の音楽番組『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に6年ぶりに出演。新曲「涙のない世界」を披露するという。

なお、この日の出演者はAAAのほか、サカナクション、JUJU、西野カナ、秦基博、Hey! Say! JUMPの6組。
2005年にエイベックスからデビューしたAAAは、直近の『NHK紅白歌合戦』に6年連続で出場。現在、ライブチケットは入手困難と言われている。
「実力・人気共に十分なAAAが6年間も干されていたのは、『Mステ』と蜜月関係にあるジャニーズの圧力が原因。
他にも、DA PAMPやw-inds.といったライジング勢は、ジャニーズ圧力に長年苦しめられたことで知られている。
今回のAAAの出演は、テレ朝・早河洋会長の発言が作用したことは明白。
昨今のジャニーズ事務所の弱体化が浮き彫りとなった」(芸能記者)

先月27日の定例会見で早河会長は、事務所の力とキャスティングの関係について
「事務所が強ければ成功するというものではない。
視聴者が歌声や演技、パフォーマンスに魅力を感じるのが前提」
と、あくまで視聴者目線であることを強調。

さらに、「我々にすれば、プロダクションはいっぱいあるわけで、その中の優れた俳優をそろえて編成していく」と言い切り、これが、強引なメディア統制を行ってきたジャニーズ事務所に向けた言葉ではないかと話題になった。
「長年、他事務所の競合グループをメディアから排除してきたジャニーズ事務所ですが、『ジャニーズが出ていれば視聴率が取れる』という時代はとっくに終わっており、時代遅れの戦略はもう限界。最近はEBiDANやDa-iCEをはじめ、多様な男性グループがファンを取り合っていることから、『ダンス&ボーカルユニット戦国時代』とも言われている。
にもかかわらず、テレビで目にするのはジャニーズばかり。
この不自然な状況が、徐々に変わっていくかもしれない」(同)

早河会長の「事務所が強ければ成功するというものではない」という考えとは裏腹に、長年設けられてきた『Mステ』の“ジャニーズ枠”。
今後は、AAAのようにメディアに出たくても出られなかったグループを、目にする機会が増えるかもしれない。