【事務所コメント全文】「Sexy Zone・マリウス葉」が体調不良で芸能活動休止!!

人気グループ「Sexy Zone」のマリウス葉(20)が体調不良のため、一定期間活動を休止することを所属するジャニーズ事務所の公式ホームページで発表した。

 

11月23日、午前2時頃。気温は10℃を下回り、冷え切ったアスファルトが、身じろぎもしないその男性から体温を奪っていく。
昏倒する彼に、血相を変えて駆けつけた関係者が声をかけ続けるが、彼の反応は薄い。

 

「気持ち悪い……」

 

横たわったまま、苦悶の表情を浮かべ、そうつぶやいたのは人気アイドルグループ「Sexy Zone」のマリウス葉(20才)。
意識が朦朧とする中、彼は都内の有名大学病院へと運ばれた──。

 

パニック障害で活動休止していた松島聡(23才)が今年8月に復帰したSexy Zone。
しかし、11月25日放送の日本テレビ系音楽番組『ベストアーティスト2020』に出演した際、今度はマリウスが体調不良で欠席していたのだ。
その背景に、今回の緊急搬送があったとみられる。

 

マリウスはこのところ心身に不安を抱えていたこともあり、通院を重ねていたという。

「今回の緊急搬送は、その夜、体調がすぐれなかったため、処方された薬剤を服用したのですが、その量が多く、気分が悪くなったことによるものでした。
搬送により大事には至らなかったようです」(マリウスを知る関係者)

 

薬の服用後、意識が朦朧としてきたマリウスは、事務所スタッフに助けを求める連絡をしていた。

「マリウスさんから連絡を受け駆けつけたスタッフが交差点でうずくまっていたマリウスさんを発見し、病院へ緊急搬送したんです。
マリウスさんはメンバーにも連絡をしていたようで、菊池(風磨)さんも急いで病院に駆けつけた。
スタッフと一緒に、菊池さんも心配で心配で朝方まで病院を離れられなかったそうです」(前出・マリウスを知る関係者)

 

気持ち悪さを訴えていたマリウスは薬の過剰服用により意識状態が悪く、何度か嘔吐を繰り返したという。

「一般的に薬物の過剰摂取では、まず薬物を体外に出すために鼻からチューブを入れて胃を洗浄するそうです。
マリウスさんは、それを自力でやりました。
尿として出すために点滴を打ち、さらに嘔吐を繰り返して、薬を体外に出したそうです」(前出・マリウスを知る関係者)

 

病院には昼頃、地方から駆けつけた両親が到着し、マリウスと一緒に自宅に帰った。
現在は自宅で療養中だという。
彼はいま、改めて事務所スタッフやメンバー、家族の存在に感謝していることだろう。

 

【ジャニーズ事務所コメント全文】

弊社所属タレントマリウス葉(Sexy Zone)に関するご報告
 
平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 
この度、弊社所属タレントマリウス葉(Sexy Zone)が体調不良のため一定期間芸能活動を休止させていただくことになりましたので、ご報告申し上げます。
 
いつも応援してくださるファンの皆様、そして、ご支援くださる関係者の皆様にはご心配とご迷惑をおかけいたしますこと、心よりお詫び申し上げます。急なご報告となり、誠に申し訳ございません。
 
マリウスは、これまで芸能活動と並んで学業にも意欲的に励んでおり、専攻分野に留まることのない興味・関心から学びを深めてまいりました。そして、弊社としても、仕事面においてはできる限り本人の声に耳を傾け、仕事と学業の両立などにも配慮しながら調整に努めてまいりました。
 
しかしながら、本人との話し合いや医師の診断結果などを踏まえますと、この何事にも意欲的で完璧を目指したいと真摯に取り組むマリウスの姿勢が、かえって自身に対する過度のプレッシャーとなり、近時、仕事と学業の両立を含む社会生活において心身のバランスを崩してしまう結果に繋がった面は否定できないと解されました。
 
そのため、弊事務所としても、本人の意向を確認し、今は心身の健康を何よりも最優先にすべく、一定期間芸能活動を休止させていただくことといたしました。5人での活動を心待ちにしてくださっているファンの皆様並びに関係者の皆様には心苦しい限りではございますが、何卒ご理解賜れますよう、よろしくお願い申し上げます。
 
そして、引き続き、佐藤・中島・菊池・松島の4人で継続してまいりますSexy Zoneの活動を温かく見守っていただけますと幸いに存じます。
 
改めまして、この度は、ご心配とご迷惑をおかけいたしますこと、重ねてお詫び申し上げます。
 
2020年12月2日
株式会社ジャニーズ事務所

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。