【コメント全文】釈放された「小金沢昇司」弁護士から”ちゃんとおわびして”と促され謝罪!!

酒を飲んで車を運転したとして、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で28日に逮捕された演歌歌手・小金沢昇司(62)が30日、警視庁東京湾岸署から釈放された。
釈放後に報道各社への文書で謝罪して、芸能活動の自粛を発表した。

 

午後3時35分、黒のスーツで署の正面入り口に姿を見せた小金沢。
マスクを外し、うつろな表情で待ち受けていた報道陣に歩み寄り「すみませんでした」とまずは2秒間頭を下げた。
付き添った男性弁護士に「ちゃんとおわびして」と促され、再び2秒間頭を下げてから、「本当に申し訳ございませんでした」と謝罪した。

 

締めくくりの3度目のお辞儀では、8秒間頭を下げ続けたが、「長く、長く」という“ささやき弁護士”の声が漏れ聞こえた。
報道陣から「お酒飲んだことは、まったく覚えてないんですか?」と問いかけられると、「いや、そんなことはないです」と首を振った。

 

謝罪文書では「運転前に仮眠をとったもののアルコールが抜けていない状態で運転してしまったことは事実であり、弁解の余地がないものと深く反省しております」とつづった。
今後については、「芸能活動につきまして、謹慎自粛いたします」と報告。
12月に予定していた、BSテレ東「演歌の花道」の収録やBS朝日「人生、歌がある」の生出演などを取りやめた。

 

警視庁によると、小金沢は28日正午過ぎ、東京都杉並区の環状7号線を走行中、トラックに追突した。
警察官による呼気検査で基準値を越えるアルコールが検出され、逮捕。
30日朝に送検された。
警視庁は任意で捜査を続ける方針だという。

 

【小金沢昇司コメント】

この度は、私、小金沢昇司が起こしてしまいました酒気帯び運転、またその過程で物損事故を起こしたことも含めて、被害者や関係者の皆様に心からお詫び申し上げます。
 
運転前に仮眠をとったもののアルコールが抜けていない状態で運転してしまったことは事実であり、弁解の余地がないものと深く反省しております。
 
現在捜査中でもあり、これ以上のコメントが出来ない状況ではありますが、今後も警察の捜査には最大限協力させていただくとともに、被害者の方にも誠意を持って対応させていただきたいと考えております。
 
また今後の芸能活動につきまして、謹慎自粛いたします。関係者の皆様に大変ご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。
 
今回のことを深く反省し、日々気持ちを引き締めて生活していきたいと考えております。
 
誠に申し訳ございませんでした。
 
令和2年11月30日(月)
 
ジャパンドリームエンターテイメント株式会社
 
小金沢昇司

小金沢容疑者は1958年8月31日生まれ、神奈川県出身。
北島三郎の元付き人で、1988年にシングル「おまえをさがして」でデビュー。
CM『フィニッシュコーワ』に出演し、流行語大賞の銀賞を受賞した“歌手の小金沢君”としてブレイクした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。