不倫の代償!!【コメント全文】競泳「瀬戸大也」年内活動停止処分!!

日本水泳連盟は13日、臨時の常務理事会を開き、競泳の東京五輪日本代表内定選手で“不倫問題”に揺れる瀬戸大也(26)に対して3つの処分を下した。

 

(1)年内の活動停止(日本水連公式大会への出場、強化合宿、ISLを含む海外遠征への参加)
(2)スポーツ振興基金助成金の2020年下半期の推薦停止
(3)今後の日本水連教育プログラム及び、JOCインテグリティ教育プログラム(基礎研修プログラム等)、他の受講を行う事

 

水連は12日に開いた倫理委員会に瀬戸を呼び、一連の騒動の事情聴取を行い、今回の不倫問題が「競技者資格規則」で定めている「スポーツマンシップ違反」「その他本連盟及び本連盟の加盟団体の名誉を著しく傷つけた」に抵触すると判断した。

 

「スポーツマンシップ」には、「善良な市民、健全な社会人としての品性を保ち、市民社会における水泳スポーツの地位の向上に寄与すること」とあり、今回の不倫問題は「健全な社会人としての品性」にひっかかった。

 

水連の処分は4段階あり

(1) 戒告 口頭による注意を行い戒める
(2)けん責 文書による注意を行い戒める
(3)登録期間の停止 一定期間、本連盟の登録者としての資格を停止する有期の登録資格停止 1か月以上5年以下、無期の登録資格停止
(4) 登録資格の剥奪 永久に本連盟の登録者としての資格を剥奪する

ーーで、今回は2番目に重い処分となった。 

 

刑事罰を負う事件を起こしたわけではなかったが、社会的影響の大きい東京五輪内定選手がファンやスポンサーなど関係各位に与えたショックを重く受け止め、異例の今回の処分となった模様。
活動停止期間が年内にとどめられた理由は、東京五輪に向けての調整期間を最低限、逆算したものと考えられる。

 

昨年の世界選手権の200m、400m個人メドレーで2冠を獲得したことで内定した東京五輪代表の座を剥奪されることはなかったが、参加を検討していた10月16日から約1か月間、ブダペストで行われるISL(国際リーグ)への出場と、12月の日本選手権の出場はできなくなった。
また強化指定選手にJOCから支給される強化費などの助成金も断たれることになった。

 

瀬戸は、新型コロナによる自粛期間中でのブランクを海外遠征などで埋めようと考えていたが、東京五輪へ向けてのメダル獲得計画は、白紙に戻ることになってしまった。
プールでの自主練習までは禁止対象とならなかったが、強化合宿への参加も禁じられ、五輪までの実質の調整期間は7か月しかない。
五輪代表の選考レースとなる来年4月の日本選手権で、ある程度の泳ぎを見せなければ、代表内定選手としての恰好はつかないし、五輪でのメダル獲得計画にも暗雲が漂うことになるだろう。

 

瀬戸のマネジメント会社「ジエブ」は13日遅くに公式サイト上でファンや関係各位に謝罪。
「マネジメント会社として今回のことを深く反省し厳しいご意見を真摯に受け止める所存でございます。
瀬戸大也と今後について協議し、瀬戸が自身の行為について猛省していること、同時に競技継続への強い意志を持っていることから、ここに本人のコメントをお伝えさせていただきます」とした上で、以下の瀬戸のコメントを発表した。

 

今回の処分を厳粛に受け止め、私の行動でご迷惑をおかけしている関係者の皆様、そして応援してくださっている皆様に改めてお詫びいたします。
どうしたらご迷惑をお掛けした皆様にお詫びできるかを自分自身に問い続けてきましたが、私にとってのお詫びはこれからも水泳で努力していくことだと考えています。
私の無責任な行動で深く傷つけてしまった家族からの信頼を回復し、家族からも皆様からもスイマーとして再び認めていただけるよう、一からやり直す覚悟で真摯に水泳に向き合っていきたいと思います。
本当に申し訳ありませんでした。
瀬戸大也

 

最初に不倫報道があった直後の9月24日に掲載された謝罪文は、夫婦の連名による直筆の文章だったが、今回はそうではなく、本人のサインもなかった。

 

今回の水連の処分や「お詫びは水泳での努力」「水泳で一からやり直す」という瀬戸の決意に対してネット上のファンの反応を見ると、処分に対しては「重い」「甘い」と様々な受け取り方があり再出発宣言に対しては一様に厳しい意見が目立つ。
「水泳を頑張ることはお詫びにはならない」、「家族やスポンサーなど関係者にかけた迷惑は、水泳の結果では返せない」、「スポーツ選手は結果だけを出せばいい時代ではない」など。
謝罪会見を開かずにコメントの発表だけで済ませ肉声で謝っていないことへの批判もあった。

 

また“闇カジノ問題“を起こして無期限試合出場停止処分を受けてバトミントンのリオ五輪代表から漏れた桃田賢斗の再起の例を引き合いに出す意見も少なくなかった。
桃田は、処分が解け公式戦復帰まで約1年間の謹慎期間があったが、その後の努力で染みついたイメージを払拭し、現在、東京五輪の金メダル候補として期待されている。

 

瀬戸は、今回の不倫問題の一番の被害者である飛び込み元日本代表で妻の優佳さんに対して真摯に“懺悔”。
度重なる話し合いの末、優佳さんは、心を入れ替え、水泳で一から出直したいという瀬戸の言葉を信頼して許し離婚危機は回避されている。
それが険しい道になろうとも、家族でもう一度力を合わせ失った信頼を回復していく道を歩むことを決めた。

 

所属先のANAから契約を解除され、JOCの「シンボルアスリート」も辞退、今回は助成金まで断たれることになりアスリート活動を支える経済基盤もなくなり、苦しい状況に立たされている。
だが、競技続行を決意した以上、すべてを“自業自得“と受け入れ、誠意と努力の姿を見せ続けることで裏切った人たちへの信頼を少しずつでも取り戻すしかないだろう。

 

また年明けに活動停止処分が解けた際にも、所属先がなければ規定で水連の公式大会には出場できない。
この状況で新たな所属先を探すのも至難の作業。

 

ほんの1か月前まで、金メダル候補と、国民の期待を一身に受けていた競泳界のスターにイバラの道が待ち受けている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。