【コメント全文】競泳「瀬戸大也」不倫報道を認め謝罪も大きすぎる代償!!

東京五輪代表に内定している競泳男子の瀬戸大也(26)=ANA=が、一般女性と不倫していることをデイリー新潮(電子版)に報じられたことを受け、瀬戸が所属事務所を通じて24日、謝罪した。

 

【瀬戸大也コメント】

自分の軽率な行動により大切な家族を傷つけ、応援して下さっている皆様、関係者の方々、支援頂いている企業の皆さまに大変不快な思いとご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。
自分の行動を猛省し、家族との今後についてはしっかり話し合いたいと思っております。
本当に申し訳ございませんでした

 

【瀬戸優佳コメント】

この度は大也の行動により、日頃から応援してくださっている皆様、スポンサーの皆様、関係者の皆様にたいへんなご迷惑をおかけすることになり、申し訳ございませんでした。
今後、どのような形で皆様の信頼を回復していくことができるか、そして私たち家族のことについては、よく話し合っていきたいと考えております。
なお、小さい子どももおりますので、子どもの関係先や家族に対する取材は特設のご配慮をいただきますよう、お願い申し上げます

 

瀬戸大也のスキャンダル記事は23日にネット上に先行掲載され、即炎上。
五輪で金メダルが期待されるだけでなく、クリーンなイメージとのギャップにがっかりしたファンも少なくなかったようだ。

 

2016年のリオ五輪で銅メダルを獲得し、昨年の世界選手権では男子個人メドレーで2冠を達成。
瀬戸大也(26)は、東京五輪の金メダルも期待される日本競泳界のホープである。
プライベートでは2児を育てるイクメンとしても知られるが、そんな彼は白昼堂々の不倫劇を見せていた。
 
瀬戸は17年に元飛込選手の馬淵優佳さん(25)と結婚している。
アスリートフードマイスターの資格を取得した優佳さんが、毎日の食事を通じ夫をサポートする様子を「味の素」のCMでご覧になった方も多いだろう。
18年6月に長女が、今年3月には次女が産まれ、一家は都内の一軒家に暮らしている。
 
9月14日午後1時前。黒いキャップとマスク、ブルーのTシャツといういでたちで自宅を出た瀬戸は、近所の月極駐車場に停めてある「BMW X6」に乗り込んだ。
向かった先は、足立区内の住宅街にあるコンビニエンスストアの駐車場だ。
どこかに電話をかけたのち、再び走り出した車の助手席には、優佳さんではない女性の姿があった。
 
車を走らせること約10分。
到着したのは「休憩4600円」の古びたラブホテルだった。
 
車を降りた2人は、少し距離をとりながらも、揃ってホテルの出入り口に歩いていく。
2人が再びホテルの外に姿を現したのは、およそ1時間半後の午後3時半頃のことだ。
 
その後、BMWは来た道を戻り、コンビニの近所で女性は車を降りた。
運転席の瀬戸に手を振って別れ、2人のあわただしい逢瀬は終了した。
 
密会を終えた瀬戸の「切り替え」は素早かった。
BMWを駐車場に戻して自宅に帰ると、家の中に入ることなく、今度はガレージ前の国産車の運転席へ。
向かったのは近所の保育園と保育ルーム。
長女と次女のお迎えである。
 
この日、妻の優佳さんは仕事が入っていたため、瀬戸にお迎えを頼んだようだ。
当日、インスタグラムには〈家で2人の子守をしてくれた旦那さんに感謝〉と投稿している。
が、実際は〈子守〉の前に愛人と会っていたわけだ。これほどひどい裏切り行為があるだろうか。
 
所属する事務所を通じ瀬戸に取材を申し込むと、担当者が、
「(瀬戸)本人も狼狽していて……。ちなみにそのホテルっていうのは、いつのこととか……」
その後、結局、
「取材は受けない」
とのこと。
9月24日発売の週刊新潮では、密会の様子を詳しく報じると共に、相手女性の素性に迫る。

 

瀬戸といえば、2017年に元飛び込み日本代表の優佳夫人と結婚。
翌18年に第1子の長女、今年3月に次女が誕生している。
また、優佳夫人は瀬戸の食事面をサポートするため、アスリートフードマイスターの資格を取得した。
以前、「しっかり栄養素を揃えるのは大変」としながらも「必ず『おいしい』と言ってくれて『家に帰ってご飯が食べたい』と言ってくれる。そういった言葉が本当にうれしくて」と明かしていたほどで二人三脚による〝サクセスストーリー〟は大詰めを迎えていた。

 

ところが〝新潮砲〟によって不倫が発覚。
大舞台に向けた影響は小さくなさそうだが、本人や家族だけの問題では済まされない。
瀬戸は日本オリンピック委員会(JOC)の「シンボルアスリート」に認定され、五輪ムーブメント推進事業やマーケティング活動に協力している。
JOC関係者は「奥さんのお父様も水泳界の人。影響は大きいと思います」と話す。

 

一方、関連する企業への打撃も計り知れない。
瀬戸は1月からヒゲ剃りなどを扱う「ジレット スキンガード」のCMに出演中で、ワールドワイドオリンピックパートナーを務めるP&G担当者は「現時点ではお答えできることはございません」と回答。
7月から優佳夫人とCM起用した五輪オフィシャルパートナーの味の素関係者は「まだ何も決まっておりません。まずは事実確認に務め、今後の対応を協議していきます」とした。

 

いずれも明言を避けた形だが、ある競技団体幹部は「CMでアスリートに求められるものはさわやかさや頑張っているというイメージなので、不倫などもってのほか。打ち切り? 当然そうなるでしょう」と厳しい展望を口にした。

 

五輪延期により一時はモチベーション維持が困難となりながら、やっと前向きに競技に向かい合い始めた矢先のスキャンダル。
前出のJOC関係者は「アスリートは不倫、多いですよ。特にトップは若いころに制約を受けているため、その反動でお盛んな人が多いです」と証言するが、その行為自体が許されるものではない。

 

瀬戸のマネジメント事務所は24日未明に事実関係を認め「深くお詫び申し上げます」と謝罪。
瀬戸は妻の優佳さんと共にコメントを出したが、瀬戸が大きな代償を背負わされるのは間違いなさそうだ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。