またお酒!!「山口達也」が飲酒状態で追突事故を起こし逮捕!!

人気グループ「TOKIO」の元メンバー山口達也容疑者(48)が22日、東京都練馬区内で酒を飲んだ状態でバイクを運転したとして道交法違反(酒気帯び運転)で警視庁に現行犯逮捕された。

 

信号待ちをしている車に山口容疑者のバイクが追突。
けが人はいなかったが、呼気を調べたところ、基準値を大幅に超えるアルコールが検出されたという。

 

捜査関係者によると、この日午前9時半ごろ、練馬区桜台2丁目の区道で信号待ちの乗用車にバイクで追突した。
山口容疑者は容疑を認め、「友人宅に向かう途中だった」と供述している。

 

検査では呼気1リットルあたり0・75ミリグラムのアルコールが検出された。

 

酒気帯び運転の基準値「呼気1リットル中のアルコール濃度0・15ミリグラム」は、個人差はあるが、ビール中瓶(500ミリリットル)1本、日本酒1合、ウイスキーならダブル1杯で超えるといわれている。
その5倍もの数値が検出された山口容疑者。
捜査関係者は「0・75となれば、ベロベロの状態だったと言ってもいい」と話し「小柄な女性なら急性アルコール中毒になってもおかしくないレベルの量」と指摘した。

 

山口容疑者はジャニーズ事務所を退所後、アルコール依存症や躁鬱病の治療のため入院生活を送った。

 

喪失感を抱える中、両親と兄夫婦が献身的にサポート。
そのかいあって、1年後には、数か月に1回程度の通院でよくなるまでに回復した。

 

昨年8月のインタビューで、山口容疑者は
「週に何日かお寺で勉強をさせてもらっています。
読経や写経、境内の掃除などの作務を通じて、自分を見つめ直しています」
と生活ぶりを告白した。
何度か復帰説も報じられたが、TOKIOのメンバーに会っていないことや、芸能界に未練はないと明かし
「今さら復帰? できません。どんな顔してメンバーに会えばいいんですか。戻れるわけがないんです」
と心境を語った。

 

私生活では08年3月に5歳年下の元モデルの女性と結婚し、2人の男児をもうけたが、16年8月に離婚。
会見では自身の酒癖が原因の1つと説明し、離婚後は海外で暮らす元妻や子供と電話で連絡はとっていたが会うことはできなかった。

 

山口容疑者は今後について「許されることができたら、もう1度、輝けるんだというのを、世間の人に見てもらいたい」と決意表明したが、期待を裏切る結果になった。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。