10月1日から値上げ!!「たばこ」販売本数が減っても税収2兆円は減らないカラクリ!!

10月1日から「たばこ税」が増税される。
受動喫煙などにより、健康被害の悪役として“狙い撃ち”されている感のあるたばこ。
だが、今後、増税はたばこだけで済むのだろうか。

 

2020年4月1日から改正健康増進法が施行され、屋内では原則全面禁煙となった。
さらに新型コロナコロナウイルスの感染拡大対策として、さまざまな場所で喫煙所の閉鎖が相次いでいる。

 

喫煙者(愛煙家)には厳しい時代を迎えているが、追い打ちをかけるように「たばこ税」が増税される。
10月1日からの増税では、紙巻きたばこの多くの銘柄が一気に、50円の値上げとなる。
その上、加熱式たばことリトルシガーも増税され、値上がりすることになる。

 

実は「たばこ税」の値上げは、今回だけではない。
21年も実施される予定だ。
というよりも、紙巻たばこは18年、20年、21年と3年にわたって、加熱式たばこは18年、19年、20年、21年と4年にわたって、リトルシガーは20年、21年と2年にわたって値上げすることが決まっているのだ。

 

例えば、紙巻たばこの場合には、1本当たり1円の増税が3年続けて行われることが決まっており、19年は消費税率の引き上げがあったから、実質的には4年連続の値上げとなる。
リトルシガーも3年連続の値上げ、加熱式たばこは4年連続の値上げに加え、19年は値上げと消費税引き上げの“ダブルパンチ”を受けたことになる。

 

たばこは前述の通り、健康被害キャンペーンにより大幅に販売本数が減少している。
紙巻たばこでは、96年の3483億本をピークに、18年には1300億本と62.7%も減少。
たばこ販売小売店は03年の30万7000店をピークに19年には24万3000店と20.8%減少。
たばこ自動販売機は02年の62万9000台をピークに19年には13万1000台と79.2%も減少した。

 

ところが、販売本数が6割以上も減少しているにもかかわらず、この間のたばこ税等の税収はほぼ2兆円で推移している。
つまり、販売本数の減少(=喫煙者の減少)を増税することでカバーし、税収を維持している構図だ。
減少し続ける愛煙家の中で、たばこを止められない喫煙者が、ひたすらに税金を払っていることになる。

 

では、果たしてこの構図がいつまで続くのだろうか。
そこで、紙巻たばこの値上げ(たばこ税の増税)による販売本数の減少を見ると、以下のようになる。
なお、10月1日の値上げ実施が多いため、値上げ翌年の販売本数の減少も出した。

 

<たばこ値上げによる販売本数の減少>
・1998年たばこ特別税創設で0.82円/本値上げ
  1998年3366億本→1999年3322億本=44億本(1.3%)の減少
  1999年3322億本→2000年3245億本=77億本(2.3%)の減少

 

・2003年たばこ税引き上げで0.82円/本値上げ
  2003年2994億本→2004年2926億本=68億本(2.3%)の減少

 

・2004年2926億本→2005年2852億本=74億本(2.5%)の減少

 

・2010年たばこ税引き上げで3.5円/本値上げ
  2010年2102億本→2011年1975億本=127億本(6.0%)の減少
  2011年1975億本→2012年1951億本=24億本(1.2%)の減少

 

1本当たり3.5円の値上げとなった10年は127億本の減少となっているが、平均は1本当たり1円程度の値上げであれば70億本程度の販売減少になっている。
ところが、たばこ税の増税以上に販売の減少につながっているのが、消費増税だ。

 

97年4月1日の消費税率3%から5%への引き上げでは、96年に3483億本の販売があった紙巻たばこは、97年には3280億本に203億本(5.8%)減少した。
14年4月1日の消費税率3%から5%への引き上げでは、13年の1969億本の販売から14年1793億本に176億本(8.9%)減少した。

 

さて、18年に1本当たり1円の値上げが行われている。
同年の販売本数は1300億本のため、19年はこの影響で1250億本程度まで販売本数が減少すると予想される。
しかし、これはたばこ税の引き上げ分だけだ。
19年は10月1日に消費税率が8%から10%に引き上げられている。
この影響を加味すれば、20年10月1日からの1本当たり1円のたばこ税引き上げの影響もあり、20年の販売本数は1000億本程度まで落ち込む可能性がある。
否、1000億本を割り込むことも考えられる。

 

1本当たり1円の値上げの場合、1箱20本入りの値上げ分は20円だが、これに消費税がかかるため、今年10月1日からの値上げも1本当たり1円の値上げだが、20本入り1箱の値上げ幅は50円となっている。

 

21年10月1日のたばこ税引き上げでも、同様に20本入り1箱当たりの上げ幅が50円となる可能性は高く、2年で100円の値上げだ。
主力ブランドのメビウスは今年10月の値上げで1箱490 円から540円になる。2021年に50円値上げされれば590円。
相当の“たばこ離れ”が起きることは間違いなさそうだ。

 

もし、たばこ離れに拍車がかかれば、政府がたばこ税の増税で目論む税収が確保できなくなる可能性が高まる。
さらに、たばこ販売の減少が続くようであれば、税収の減少が続くことになる。

 

となれば、税収をたばこ以外に求めなければならなくなる。
実際にたばこ税と同様に酒税も引き上げが行われている。
酒税だけで足りなくなれば、他の税源を求めるか消費税率を再び引き上げざるを得なくなるだろう。
たばこ等の税収は2兆円程度であることは前述した。
消費税率は1%引き上げると税収は2.5兆円程度になる。

 

たばこ税の連続引き上げは、健康被害の減少には結び付くかもしれないが、一方ではたばこ離れを加速させ、たばこ税の減少を招き、たばこ以外の増税を招くという“諸刃の剣”となる可能性を秘めている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。