【コメント全文】「錦織一清」「植草克秀」がジャニーズ事務所退所を発表も「少年隊」の名前が残る理由?!

ジャニーズ事務所は20日、少年隊の錦織一清と植草克秀が今年12月31日をもって、退所すると公式サイトで発表した。

 

【事務所コメント全文】

弊社所属タレント「錦織一清・植草克秀(少年隊)」に関するご報告
 
この度、弊社所属タレント錦織一清・植草克秀(少年隊)は、2020年12月31日をもちまして、ジャニーズ事務所所属タレントとしての活動を締め括り、新たな道へと進みますことをご報告申し上げます。
そしてジャニーが生み育てた少年隊につきましては、その功績と少年隊そのものは残したいというメンバーの意向を尊重し、これからも所属グループとしてその名を残すことといたしました。少年隊は、例えるならば、35年間で殿堂入りに値するほどの実績を地道に積み重ねてきたグループでございます。今後、グループとして活動の予定はないものの、これまでと変わることなく、ジャニーズ事務所におきまして、後輩たちの道標であり続けることができますよう、その環境を整えることといたしました。
 
これまで約40年間、錦織並びに植草を温かく見守り、応援してくださったファンの皆様、叱咤激励とともにご支援くださった関係者の皆様に心より御礼申し上げます。そして少年隊を支えてくださったすべての皆様の存在があったからこそ35年間、グループとして活動を続ける事ができました。改めまして、心より感謝申し上げます。
 
錦織と植草は少年隊結成以来、東山と共に独自のエンターテイメントを追求し、道を作ってまいりました。現在ほど、環境が整っていない時代に自らを磨き、挑戦し続けることは大変な苦労が伴いますが、それを乗り越えるための努力により培われた少年隊のパフォーマンスは、これからも後輩たちに受け継がれていきます。
そして、ジャニーズ事務所もまた、少年隊が存在したことにより新たなチャレンジの機会にも恵まれ、その経験のおかげで今日のジャニーズグループがございます。
私達は、2人の決断に誠実に向き合うため、ジャニーのエンターテイメントを表現し続けてきた少年隊の歴史に敬意を表しこれまでの功績に対する感謝と共に新たな道へと送り出すことといたしました。
 
少年の頃から人生における多くの時間をジャニーズで過ごしてきた2人にとって、これからの人生におきましても、これまでご支援くださった皆様の存在が支えとなることは間違いございません。皆様におかれましても、自身で選んだ道を歩むこととなります錦織と植草をこれからも変わらず、温かく見守っていただけましたら幸いに存じます。
 
そして、これまで3人が紡いできた少年隊の歴史が色褪せることなく、輝いたものであるために、所属事務所として力を尽くしてまいります。
 
2020年9月20日
株式会社ジャニーズ事務所

 

2人に加え、ジャニーズに残留するメンバーの東山紀之も加えた3人はコメントを発表。
錦織は『最後のワガママのつもりで、この歳になって本当の意味のひとり暮らしをしたいという希望を伝えたところ、快く承諾していただけたことに、心から感謝しています』。

 

【錦織一清 コメント全文】

この度、私錦織一清は、所属事務所を退所させて頂く事となりました。
 
所属タレントの中で、おそらく一番の甘えん坊だった私が、気が付けば43年間という日々が過ぎて、随分甘えすぎていた事に少し恥ずかしさを覚えると同時に、事務所には本当に頭が下がる思いです。
 
恵まれ過ぎていた環境を飛び出し、これから私は沢山の厳しさを味わっていかなければなりません。
そして、それをこれまでのジャニーズ事務所の教えで、跳ね除けて行こうと思います。

 

植草は『来年2021年1月よりピュアな気持ちで、新たなスタートラインに立ち、挑戦して行きたいという思いから卒業を決意致しました』。

 

【植草克秀 コメント全文】

この度、私 植草克秀は、2020年12月31日をもちましてジャニーズ事務所を卒業致します。
 
自分自身の人生のほぼすべては、ジャニーズ事務所と共に歩んだ人生でありました。
 
今年、少年隊デビューから35年の節目にあたり、酸いも甘いも経験した上で、来年2021年1月よりピュアな気持ちで、新たなスタートラインに立ち、挑戦して行きたいという思いから卒業を決意致しました。

 

東山は『誰よりも長い青春時代を2人と過ごせた事を誇りに感じています。切磋琢磨させてくれた2人は最高の戦友だと思っています』とそれぞれ心境をつづった。

 

【東山紀之 コメント全文】

35年という時間を僕らと共に歩んで下さったファンの皆様、関係各所の皆様、本当にありがとうございます。
 
皆様のお力添えがあったからこそ、僕らはここまで歩んでくる事が出来ました。
 
2人とは、別々の道を模索する事となりました。
 
これまで、親兄弟よりも濃密な35年間を過ごしてきましたし、その中で、誰よりも長い青春時代を2人と過ごせた事を誇りに感じています。
切磋琢磨させてくれた2人は最高の戦友だと思っています。
 
ニシキ!
 
植草!
 
これまでの日々を想い、青春時代を振り返りながら、また3人で語り合いましょう。

 

「錦織は近年、自身が表舞台に立つよりも、演出家としての業務がメイン。
植草はTBS系の人気ドラマシリーズ『渡る世間は鬼ばかり』ぐらいしか出番がなかった。
もともと、2人は昨年亡くなったジャニー喜多川氏の薫陶を受け、代表権のない会長職に退いたメリー喜多川氏が“育ての親”。
藤島ジュリー景子社長の新体制が発足した時点で退所を決断していたようです」(テレビ局関係者)

 

今年デビュー35周年を迎えた少年隊。
シングルは2006年7月の「想 SOH」以来発売しておらず、グループとしても稼働せず、ファンにとっては悲しすぎるメモリアルイヤーとなってしまった。

 

それでも、これまでの功績とメンバーの意向を尊重し、「少年隊」は所属グループとしてジャニーズにその名を残すというが、それには深い理由があるようだ。

 

「もともと、ジャニーズの所属タレントたちにも関係者に対しても、ジャニーさんは『自分の最高傑作は少年隊』と胸を張って公言していた。
そんなジャニーさんの言葉もあり、グループとして『少年隊』の名前をジャニーズの歴史から消すことはできなかったのでしょう」(芸能記者)

 

デビュー時から支えてくれたファンのためにも、2人の退所前、一度くらいは3人そろってのパフォーマンスを披露してほしいものだ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。