人気アニメ「鬼滅の刃」2週連続ゴールデンで放送決定!!

人気アニメ「鬼滅の刃」が、フジテレビ系の「土曜プレミアム」で10月10、17日の2週連続で放送されることが決まった。

 

地上波・全国ネットのゴールデンプライム帯(午後7~11時)では初放送となり、10日の第1夜は2019年3月に劇場上映された「鬼滅の刃 兄妹の絆」、17日の第2夜はテレビシリーズ第15~21話の「那田蜘蛛山編」が放送される。

 

本シリーズは、「週刊少年ジャンプ」で連載された吾峠呼世晴氏の大ヒット漫画のアニメ化。

 

鬼に家族を殺された青年・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)が、鬼となった妹・禰豆子(ねずこ)を人間に戻すために政府非公式の組織「鬼殺隊」に身を投じ、さまざまな敵と死闘を繰り広げていく姿を描いた。

 

19年4~9月にテレビシリーズが放送され、20年10月16日には続編となる「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が公開される。

 

「土曜プレミアム」で放送される「鬼滅の刃 兄妹の絆」は、テレビアニメ1~5話で構成され、テレビシリーズに先がけて劇場上映された作品。
炭治郎と禰豆子の絆、鬼殺隊入隊を目指す炭治郎に待ち受ける試練がつづられた。

「那田蜘蛛山編」は、炭治郎が鬼殺隊の仲間・我妻善逸(あがつま・ぜんいつ)、嘴平伊之助(はしびら・いのすけ)とともに蜘蛛(くも)の能力を使う鬼の一家に立ち向かう。
放送時には映像美が大きな話題を呼んだエピソードで、原作者・吾峠氏も「作画、演出、音楽すべてがすごすぎて作者もボロ泣きしました」と絶賛したという。

 

「鬼滅の刃」プロデューサーの高橋祐馬氏は「フジテレビ土曜プレミアムでの放送という新たなイベントにとてもワクワクしています。上演作は、テレビアニメ放送前に一部映画館で上映していた『兄妹の絆』、今回の放送用に15話~21話を再編集した『那田蜘蛛山編』、どちらも見どころ溢れる、2時間を超える長編作品です」と述べ、フジテレビ編成部の渡辺恒也氏は「アニメ『鬼滅の刃』をもっと多くの方にご覧いただきたいという、いちファンとしての純粋な想いから、この度の一挙放送企画を提案しました」と明かしている。

 

さらに、関東ローカル放送の企画として「全集中!アニメ『鬼滅の刃』一挙放送」が決定。
テレビシリーズの第6~14話、第22~26話を放送予定で、「土曜プレミアム」と合わせると「『鬼滅の刃』竈門炭治郎 立志編」を網羅することができる。
放送スケジュールは同局の公式サイトで発表されている

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。