永田町で飛び交う吐血情報?!「安倍首相」は体調不良を理由に臨時国会を拒否しているのか?!

6月18日以来、一度も記者会見を開かず、国会にも出てこない安倍首相の「吐血情報」に政界が揺れている。
ついに、公の場でも首相の健康状態についての質問が飛び出した。

 

「吐血したとの週刊誌報道に加え、夜の外食日程が少なく、午後6時台には帰宅されるケースが多く見受けられる。
体調面を不安視する声もあるが……」

 

4日の会見で、安倍首相の体調悪化について質問された菅官房長官は、「連日お会いしていますが、淡々と職務に専念しており、全く問題ないと思っている」と、安倍首相の健康不安説を否定した。

 

だが、そもそも首相の健康状態が官房長官会見で質問されることも、個別の週刊誌報道に関して菅官房長官が真正面から答えるのも異例だ。

問題の報道は、4日発売の写真週刊誌「FLASH」が掲載したもの。「安倍晋三首相 永田町を奔る“7月6日吐血”情報」という衝撃的なタイトルの記事だ。

 

安倍首相は持病である潰瘍性大腸炎の悪化で第1次政権をブン投げた過去があるだけに、関心を集めている。

 

7月6日の首相動静を見ると、午前10時59分から11時14分まで、東京都知事に再選されたばかりの小池百合子知事と会っているが、その後、午後4時34分に杉田官房副長官と今井首相補佐官が官邸に入るまでの約5時間、動静に“空白の時間”がある。
永田町では「安倍総理が首相執務室で吐血した」という情報が駆けめぐっているというのだ。

 

記事には、<吐血したなら、潰瘍性大腸炎に合併する胃や十二指腸の病変の可能性があります>という消化器内科医のコメントや、自民党議員らの<佐伯耕三秘書官が「溜めていた疲れが一気に出ている。芳しくない」と周囲にこぼしている><7月中旬、長谷川榮一総理補佐官から「総理の体調がよくない」と聞いた>などというコメントも掲載されている。

 

記事を読んだ自民党関係者が言う。

「このところ、総理は職務を減らしているように見えるし、それでも常に疲れた表情をしている。
かたくなに装着していたアベノマスクをやめて、大きなマスクに替えたのは顔色を隠すためという説も流れています。
このコロナ禍で課題は山積ですが、国会を開きたくても、体力的な問題で開けないのが実情ではないか」

 

野党は臨時国会の早期召集を求めているが、自民党の森山国対委員長は4日、応じない方針を立憲民主党の安住国対委員長に伝えた。

「官房長官が言うように体調に問題がないのなら、早急に国会を開いてコロナ対策に注力して欲しいというのが国民の願いです。
JNNの世論調査でも8割が早期に臨時国会を『開くべき』と答えていた。
この国難に政治空白は許されません。
会見を開けず、国会で答弁もできないほど体調が悪いのであれば一刻も早く退陣して次の人にコロナ禍の陣頭指揮を任せるのが日本のためです。
古くは石橋湛山首相が、病気で国会に出席できないことを理由に潔く辞任した例もあります」(政治評論家・本澤二郎氏)

 

安倍首相は6日、広島市で開かれる平和祈念式に参列すると発表。
長時間の公務は久々で、原稿朗読も予定されている。何を語るのか、注目だ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。