故・大林宣彦監督が「海辺の映画館 – キネマの玉手箱」で最後のヒロインに抜擢した「吉田玲」!!

故郷への愛に溢れた尾道シリーズをはじめ、数々の名作を世に送り出してきた稀代の映画作家・大林宣彦氏。

 

映画ファンを熱狂させた大林ワールドの中でも特に支持されたのが、新人女優を起用した“瑞々しい少女”の描写だ。
<尾道三部作>では、小林聡美(『転校生』1982年)、原田知世(『時をかける少女』1983年)、富田靖子(『さびしんぼう』1985年)を、<新・尾道三部作>では、石田ひかり(『ふたり』1991年)らを主演に抜擢し、以降、実力派女優への道筋を作った。

 

その大林監督が20年ぶりに故郷・尾道に戻り、全身全霊を捧げて撮り上げた最後の作品『海辺の映画館-キネマの玉手箱』。
戦争への辛辣なメッセージを盛り込んだ自身の集大成といえる本作で、成海璃子、山崎紘菜、常盤貴子らと同じメインキャストに大抜擢されたのが、今回が本格的な商業映画デビューとなる吉田玲(18)。
中学生の時に出演した自主制作映画『隣人のゆくえ あの夏の歌声』(2017年)で大林監督のハートを射止めた逸材だ。
“最後の尾道ヒロイン”として大きな注目を集める彼女の魅力とは?
インタビューを通して、その本質に迫ってみた。
※本インタビューは、大林監督がご存命だった3月中旬に行われた。

 

プロデューサーでもなく、キャスティングディレクターでもなく、大林監督から直々にラブコールを受けたという吉田。
最初はあまりピンと来なかったそうだが、「いろいろ資料を調べたり、作品を観たり、周りの皆さんのお話を聞いているうちに、『凄い監督にオファーをいただいたんだ!』という実感がどんどん湧いてきました」と当時を振り返る。
頭に刷り込まれた“巨匠”の文字。
当然、初対面の日は緊張MAX。
ところが目の前に現れたその人は、吉田いわく、「笑顔がとても優しい素敵なおじいちゃん」だった。

 

吉田が演じたのは、閉館する海辺の映画館「瀬戸内キネマ」の最終日、『日本の戦争映画大特集』と題したオールナイト興行にやってきた女子高生・希子(のりこ)。
映画の中へタイムリープし、様々な時代の戦争映画をリアルに体感する異色のヒロイン役だ。

「脚本を読ませていただいたときは、正直、凄く難しい役だなって思いました。
あまりにも奇想天外で、果たして私に演じられるだろうかって。
しかも、大林監督からは映画全体の骨子については何も説明がなく、ただ一言、『役を演じるのではなく、役を生きてください』とだけ。
プレッシャーは相当なものでした」。

 

ところが、戦争にまつわる歴史については、打って変わってとても熱心に説明をしてくれたという吉田。

「例えば、『里の秋』という歌は、『国民を悲しませないように国家が作ってラジオで流していたんだよ』とか。
そういった監督の言葉をヒントに、物語の背景にある秘話から感じたことに思いを寄せたり、表情に出してみたり、その場その場で自分なりに考えて、役を生きようと努力しました。
ただ、個人的には納得のいかないお芝居もたくさんあって、もっともっとやれたんじゃないかと…少し悔しい気持ちも残っています」。

 

大林監督の期待に十分に応えながらも、この貪欲さ。吉田を選んだ本意がここにあるのかもしれない。

 

また本作では、多彩な映画表現が採り入れられ、吉田は、希子だけでなく、映画の中の様々な役に扮し、ミュージカル、時代劇、ラブロマンス、アクションなどにも挑戦している。

「1本の映画の中でいろんな役を演じられるのは、とても楽しかったし、勉強にもなりましたが、その分、多くのスキルを身に付けなければならず大変でした。
撮影に入る前に東京に何度も足を運んで練習しましたし、休みの日も、撮影中も、合間を見ては自主練あるのみ。歌やダンスは習っていたので比較的スムーズに入っていけたのですが、時代劇の所作やアクションは苦戦しましたね。
中でも一番大変だったのが長刀(なぎなた)のシーン。
動きそのものよりも、戦う顔、敵に立ち向かう顔を表現することが本当に難しかった」
と述懐した。

 

2002年3月15日、山口県下関市生まれの18歳。
女優を目指して2007年から地元の「劇団Zing♪Zing」に入団した。
きっかけは、あのミュージカルだ。

「小学校5年生の時に、劇団四季の『キャッツ』を観て、凄く感動して。
それで今の劇団に入ったのですが、中学校に進学してからはミュージカル部にも所属し、日々女優になるための表現力を磨いていました。
そんな時に柴口勲監督から、『うちの学校でミュージカル映画を撮りたい』という申し出があって、『隣人のゆくえ あの夏の歌声』の撮影が始まったのですが、出演はもとより、音楽、振り付け、撮影、録音、照明など、あらゆる制作を私たち生徒が主体となってやらせていただいたんです」。

 

これが大林監督の目に留まった。
「奇跡の映画に出会った!」と同作を絶賛し、約40名いた出演者の中で、なぜか吉田に心を奪われた。
今となってはその真意は定かではないが、過去、原田知世、富田靖子ら尾道映画のヒロインをはじめ、薬師丸ひろ子(『ねらわれた学園』1981年)や本作にも出演している常盤貴子、中江有里、山崎紘菜らを女優として開花させた実績を持つ大林監督だけに、何か特別な輝きを感じたのだろう。
肝心の吉田は、「皆さんに教えていただくまで、事の重大さを全く理解していませんでした。今は、錚々たる女優さんの中に私なんかが入っていいのかな?という思いでいっぱいです」と恐縮しきり。
静止画だけではわからない、吉田の真の魅力とは…?
その答えは、映像の中にしっかりと刻み込まれているはずだ。

 

今春、高校を卒業したばかりの吉田は、只今、女優を目指して“就活中”。
まだ、所属事務所は決まっていないが、夢はどんどん膨らむばかりだ。

「ちゃんと事務所に入れるのかな?という不安もありますが、どちらかというと、失敗を恐れることなく、『当たって砕けろ!』という性格なので、期待の方が大きいですね。
行動を起こさないと何も始まらないので、とりあえずチャレンジあるのみ。
何もやらずに後悔するより、精一杯やって後悔したい」
と目を輝かせる。

 

「高畑充希さんみたいに歌って踊れる女優さんを目指したい」という吉田は、就活中も滑舌や言葉使い、敬語を磨き、ダンスやボイストレーニングなど表現力をさらに高め、自己鍛錬を欠かさない。
息抜きはカラオケでディズニー作品の名曲を歌い、「青春とは?」と問いかけると、なんの迷いもなく「ミュージカル!」と即答する。

 

まだあどけなさが残る笑顔の向こうに、映画の未来が、日本の未来が、ちょっぴり見えたような気がした。

 

コロナ禍の影響で本作の公開が延期になり、長らく沈黙の日々を過ごしたが、来る7月31日、ようやく待望の初日を迎えることが決定した。
尾道映画最後のヒロイン・吉田玲が大スクリーンで躍動する…コロナ対策下ではあるものの、待ちに待った劇場公開!
大林監督も、きっと天国で喜んでいることだろう。

 

タイトル:『海辺の映画館-キネマの玉手箱』
公開日:7月31日(金) TOHOシネマズシャンテほか全国公開
監督:大林宣彦
出演:厚木拓郎 細山田隆人 細田善彦 吉田 玲(新人) 成海璃子 山崎紘菜 常盤貴子
製作:『海辺の映画館-キネマの玉手箱』製作委員会
製作協力:大林恭子
エグゼクティブ・プロデューサー:奥山和由
企画プロデューサー:鍋島壽夫
脚本・編集:大林宣彦
脚本:内藤忠司/小中和哉
音楽:山下康介
撮影監督・編集・合成:三本木久城
VFX:塚元陽大
美術監督:竹内公一
照明:西表燈光
録音:内田 誠
整音:山本逸美
配給:アスミック・エース 製作プロダクション :PSC

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。