コロナ禍でコンサート中止!!グループから卒業できないアイドルたち!!

音楽業界に打撃を与え続ける新型コロナウイルス。
数多くのコンサートが中止・延期となる中、グループから卒業できなくなるアイドルが続出している。

 

AKB48の峯岸みなみは、当初4月2日に横浜アリーナで開催されるコンサートで卒業する予定だったが、同公演は延期。
そのまま卒業時期は未定となっている。

 

乃木坂46の白石麻衣は3月25日に発売されたシングル「しあわせの保護色」の活動をもってグループを卒業すると発表されているものの、具体的な活動終了のタイミングや卒業コンサートの有無は明らかになっていないままだ。

 

また、ハロー!プロジェクトでは、6月頭に予定していたJuice=Juice宮本佳林とアンジュルム船木結の卒業コンサートがそれぞれ中止。
2人の卒業も延期という形となり、今後の具体的な日程は未定のままだ。

「峯岸の卒業コンサートはあくまで延期、ハロプロも卒業時期を延期しているということで、あくまで卒業コンサートは実施する方向。
白石についてはコンサートを開かずにそのまま卒業する可能性もありますが、グループを牽引してきた功労者ということで、花道を用意しないというのは考えにくい。
いずれも、新型コロナが終息したのちに、何らかの形で卒業コンサートを開催するつもりでいると思います」(芸能事務所関係者)

 

しかし、いつになったら卒業コンサートが開催できるのだろうか?
現場では悲観的な声も聞こえてくる。イベント関係者はこう話す。

「現時点では、コンサートが開催できるようになるまでの見通しはまったくない。
多くのアーティストは6月くらいまでのコンサートを中止・延期としていますが、業界内では“少なくとも夏までは無理”という意見が多い。
それどころか、“年内も難しい”との認識で動いている関係者も多いです」

 

仮に新型コロナウイルスの感染拡大が終息し、コンサートを開催できるようになっても、会場確保の問題が生じてくるという。

「コンサートをやりたいアーティストは山ほどいるわけで、会場の争奪戦になることは間違いない。
しかも、アリーナやドームクラスの会場だと、制作にも時間がかかるから、半年から1年先に会場を押さえるのが基本。
それこそ、白石などは、東京ドームなどの最大規模の会場となるでしょうが、“早くても1年後にできればいい”くらいの状況だと思います。

あるいは、日程などをあまり気にせず、できるだけ早く開催できる日を押さえるという方法もありますが、そうすると、コンサートの中身を作り上げるのが難しくなる。
演出がショボくてもいいならそれもアリでしょうが、白石は功労者ですからね。内容の伴った卒業コンサートにするはず。
そういう意味では、運営サイドも余裕を持ったスケジュールを想定していると思います」(同)

 

そして、女性アイドルたちの卒業とともに気になるのが、2020年末をもって活動休止を発表している嵐の動向だ。
こちらも5月15・16日に予定していた新国立競技場でのコンサートが延期となった。

「嵐についても、盛大な花道を用意するのであれば、年内のコンサート開催は難しいかもしれない。
ラストコンサートなしでの活動休止という可能性もあるでしょう。
ただ、芸能活動を休止したいと望んでいる大野智さえ納得すれば、活動休止時期をずらすという展開もありうるとは思います。
嵐の動向は、大野次第では」(芸能記者)

 

人生の次なるステージへと進むことを決心したアイドルたちだが、もう少し“アイドル人生”を歩むこととなりそうだ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。