コロナの影響で公演中止になってもジャニーズ事務所は”手数料ビジネス”で救われる?!

ジャニーズ事務所は3日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今月30日までの主催公演を中止することを公式サイトで発表した。

 

同サイトによると、新たに対象となるのは、Aぇ! group、SixTONES、関ジャニ∞、NEWS、Sexy Zone、Lilかんさい、ジャニーズWESTの各グループと、近藤真彦のディナーショー、Hey! Say! JUMPの知念侑李の主演する舞台のそれぞれ30日までの各公演。
振替公演の有無などについては決まり次第告知。
また、5月1日以降の公演については、政府や関係機関等の発表を受けて改めて告知されるという。

「軒並み公演が中止になっているが、ほかのアーティストやアイドルグループは、『ジャニーズがやったらこっちもやろう』と掲げている。
しかし、ジャニーズはかなり慎重。
これまでの資本力があり、まだまだ揺るがないだろうが、ジャニーズ以外にとってはたまらない状況が続いています」(音楽業界関係者)

 

ジャニーズのグループの中でも、開催されるかどうかのジャッジが注目されているのが、5月15日、16日の2日間にわたって計16万人を動員予定の嵐の新国立競技場でのライブだが、たとえ中止になってもジャニーズにとってそれほどの痛手はなさそうだというのだ。

「ほかのグループの公演もそうだが、ジャニーズは長年“手数料ビジネス”を展開てきたおかげで、公演中止になっても被害額が最小限で済む。
ファンの間では知られているが、チケット申し込む際になぜか700円から850円の手数料がかかり、チケットの抽選に外れた場合でも、その手数料が引かれて返金される。応募人数が多ければ多いほどその金額は莫大。
とはいえ、ファンは納得して申し込んでいるので、ジャニーズもこのビジネスはやめられないでしょう」(スポーツ紙記者)

 

通常、ジャニーズに限らずチケット発券手数料は返ってこないことが多い。
ただ、ジャニーズに限っては莫大な公演動員数を誇り、これが芸能界に巨大な“帝国”を築けた一因なのかもしれない。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。