広島カープ「菊池涼介」選手、女性と軽く付き付き合った代償に8千万の慰謝料請求される!!

広島カープの菊池涼介選手が3月6日付で東京簡裁に調停申立書を提出したことがわかった。
交際相手の女性から8千万円の慰謝料を請求されたという訴えだが、交際相手との言い分には大きな隔たりがある。
一体、何があったのか?

 

「シーズン前のこのような時期に、私の個人的なことでお騒がせして申し訳ない限りです」

こう訴えるのは、広島カープのモテ男、菊池涼介氏だ。
手にしていたのは、バットやグラブではなく、東京簡裁に出された3月6日付の「調停申立書」――。

 

2012年に広島カープに入団した菊池氏。
内野手として鉄壁の守備で知られ、2013年から2019年まで7年連続でゴールデングラブ賞を獲得。
一昨年までの広島3連覇に貢献した。昨年のシーズン後は、アメリカのメジャーリーグ挑戦を表明したが叶わず、今年も広島でプレーすることになった。
そして昨年9月にはメディアに明かさず、“極秘結婚”。
近く二世が誕生する予定だ。

「子供も間もなく生まれるとあって、これまで以上に頑張るぞとの思いで、キャンプのために1月27日、沖縄のホテルに入りました。
見慣れない番号から着信があり、電話をとると弁護士と名乗り、『Aさんの弁護士です。わかっていますよね』と言われました。
弁護士からAさんの名前を聞き、戸惑い、ただ震えるばかりでした」

 

Aさんは菊池氏が結婚前に交際していた女性で、その代理人の弁護士からの電話だった。
弁護士からAさんが菊池氏に対して慰謝料を求めているという説明を受けた。菊池氏はこう振り返る。

「広島出身の知人からAさんを紹介され、『軽く付き合えるならお願いします』と返事をし、会うことになりました。
知人は私以外のカープ選手とも親しく、真剣な交際ではないとの意味はよくわかっていると思って頼んだのですが…」

 

Aさんとの最初のデートは東京でのドライブだった。
その10日後に菊池氏はAさんと肉体関係を結ぶことになった。
その後、1~2か月に1度程度、遠征先のホテルなどでAさんと会い、交際が続いたという。

 

ところが、菊池氏は妻と知り合い、交際が始まった。
Aさんとは疎遠になっていった。

「Aさんには恋愛感情はなく、私から一方的に〇日に東京だけどという感じでSNSのメッセージを送信したりしていました。
Aさんの都合が合えば、ホテルで一夜を過ごす感じでした。
恋人同士なら、好きだとか、愛しているとかそういうやりとりになるじゃないですか。
けど、私とAさんとの間は、お互いの日程を伝える内容だけで恋愛感情は感じられませんでした」

 

昨シーズンが終わってからも日本代表、侍ジャパンに選出され、世界一に輝いた。
その後、アメリカのメジャーリーグ挑戦を表明するなど多忙だった菊池氏。
Aさんとは連絡も途絶えがちになった。

 

しかし、昨年12月8日、紹介者の知人からSNSで<菊ちゃん結婚したの?><Aさんに伝えた?>などとメッセージが入った。
菊池氏はプライベートを一切、公開しない主義。
SNSやメディアに結婚報告を発信することもなかったという。
結婚を知っていたのは、広島の選手など限られた人だけ。
なぜ、知人が知っているのか、不可解だった。

「急になぜと思いましたが、知人のアドバイスを聞き入れ、Aさんに報告と感謝のメッセージを送りました」

その内容は
<今までわがまま聞いてくれたり、いつも一方通行で悪かったけどいろいろしてくれてありがとね!この先も元気で居てね>
というもの。

 

すると、Aさんから菊池氏に電話が入り、会って話をしたいと求められた。
だが、メジャー移籍などで菊池氏は日本とアメリカを行き来するなど、多忙で会う時間がとれなかった。

「電話で何度かAさんと話しました。
真剣な交際だったとか、好きだったなどという話もありました。
普通、恋愛感情があれば、『今日の試合頑張って』とか『勝ったね、おめでとう』とかメッセージがくるじゃないですか。
そんなメッセージはこれまでありません。
急に言われて違和感がありました」

 

そして、年が明けて冒頭のような電話が弁護士から入った。

「Aさんとの電話の会話、弁護士からの有無を言わせない口調の連絡があり、私は恐怖を覚えました。
そして1月27日に弁護士から『書面を送りたい』と電話があったので、沖縄のホテル宛てにお願いしますと言いました。
すると『ホテルは誰が見るか、わかない』『広島の自宅に送りたい。ご自宅では問題ですか?』という話をしてきた。
そして届いた書面を見ると驚きました」

その書面には
<真剣な交際として菊池氏を紹介された>

<菊池氏の子供を産んでくれるかと質問された>

<菊池氏から(Aさんに)恋愛感情を述べられた>

<デートの場所や時間帯、あらゆる点で自分を殺して菊池氏に奉仕してきた>

<バレンタインデーや菊池氏の誕生日にはプレゼントを渡すなどして、結婚を前提とした交際>

<好きでなければホテルに呼ばないと(菊池氏から)告げられた>

<2年間を菊池氏に捧げてきた><都合よくホテルに呼ばれ、弄ばれた>

<(菊池氏は)極めて無責任な行為>

<人間不信、対人不安に陥り、眠ることのできない毎日を過ごしております>
などと記されていた。

Aさんは菊池氏とは結婚を前提にした真剣な交際であったと主張。
両者の言い分には、かなりの隔たりがあった。

 

Aさんの訴えに対し、菊池氏はこう反論する。

「デートは最初で最後、ドライブと食事だけ。
Aさんがどんな仕事をしているのかも知らないし、自宅も聞いたことがない。
Aさんが恋愛感情、奉仕だと言っていることが信じられなかった。
一方的な主張が書き並べられており、威圧感を感じました」

 

菊池氏は広島で弁護士と対応を相談。
Aさんと肉体関係があったことは事実、誤解が生じた可能性があるので一定の誠意は見せるべきと判断したという。
弁護士の指示にしたがって和解金として500万円を準備した。

 

だが、Aさんが弁護士を通して要求してきたのは、8千万円。1か月以内(3月5日まで)の解決という期限を設定してあった。

プロ野球の開幕まで時間もないことから、早急に解決しようと菊池氏は動いてきたという。
その後、何度か弁護士同士で交渉したが、慰謝料の隔たりが大きく、合意点は見いだせず、「議論を行うのであれば、訴訟の場」と決裂したという。

 

そして菊池氏は冒頭の「調停申立書」を東京簡裁に提出したのだ。

その趣旨は
<債務不存在 8000万円もの異例に高額な慰謝料要求>

<妻と婚姻後、関係は解消>

<(解決金5000万円を下る)支払いがないのであれば訴訟をすると、(Aさんの弁護士が)しきりに表明した>

<婚姻外の男女関係においては、両当事者の合意の下で関係が形成され、婚約や内縁といった特別な事情がない限り、その関係解消が権利侵害と評価されることはない>

このように主張し、菊池氏に対してAさんの請求する8千万円の債務は存在しないという調停を求めたのだ。
菊池氏の代理人はこう話す。

「Aさんとの関係は、菊池氏が独身時代のものです。
こちらの認識は恋愛関係ではない。
だが、Aさんは結婚を前提だったと主張。
8千万円という法外な慰謝料を請求してきた。裁判所という公平な場で解決した方がよいという菊池氏の判断です」

 

一方で、Aさん側の主張は菊池氏と真っ向から対立する。代理人弁護士に取材を申し込むと書面で次のように回答があった。

「Aさんは大手企業に長年勤務した一般女性です。
菊池氏に『早く結婚したい。子供を産んでくれるか』などと言われ、結婚を前提にした交際と信じていました。
著名人であることから外で会うのは難しいといわれ、このような関係が一年近く続いたころ、不安を説明し気持ちを確認したこともあります。
菊池氏は妻と入籍後も結婚を隠して2度もAさんをホテルに呼び、肉体関係を持っていました。
Aさんは自分が知らぬうちに、重大な不貞行為に加担してたと知り、驚きと悲しみで心療内科への通院を余儀なくされました」

Aさん側の回答書には『適応障害』という医師の診断書も添えられていた。

Aさんの弁護人によると、菊池氏と連絡を取ろうとしても昨年末からきちんと返事がなく、極めて不誠実な形で放置された。
そのため「一カ月以内」と期限を付けたという。
調停の焦点となっている慰謝料8千万円の是非についてはこう主張した。

「最終的に5千万円の減額提示をしたところ、菊池氏の最終提示は1千万円でした。
菊池氏は弁護士から脅されたというような主張をしているとのことですが、一切ありません」

 

菊池氏は「Aさんを傷つけて申し訳ない」と謝罪した上でこう主張する。

「最初は名前を公にせず穏便にこっそりと解決をしたいと思ったのは事実です。
そのためにお金も準備した。だが、Aさんの主張は信じがたいもので、事実関係の認識の違いが多々あります。
Aさんは結婚後も私と関係を持ったと主張していますが、交際は独身時代だけです。
今シーズンの開幕も目前ですし、妻の出産も近い。
コロナ問題がありますが、侍ジャパン、東京五輪もある重要な時期です。
法廷で争うことで名前も公になり、恥ずかしい思いもしますが、逃げ隠れせず、裁判所の常識ある判断で解決をしてもらおうとの考えに至りました」

 

一方、Aさん側の主張はこうだ。
8千万円という慰謝料は日本を代表する野球選手として高額の年棒を得ている菊池氏にとって、痛みのある金額である必要があると、考えたからという。

「(東京簡裁への申立は)、Aさんの訴訟やむなしとなり、先手を打ち、被害者と加害者の立場を逆転させて、訴訟提起を封じ込め、自己に有利に導くことを目的としたきわめて不当な対応です」(Aさんの代理人弁護士)

 

今後、法廷での対決はどうなるのか。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。