CM違約金を払いたくない所属事務所と小倉優子の情報操作に夫が反撃?!

木下優樹菜のタピオカ騒動もあってか、世間はまたしても“事務所総出”のニオイを感じ取ったようだ。

 

3月11日の一部スポーツ紙や12日発売の「女性セブン」(小学館)にて、現在、第3子を妊娠中の小倉優子が、2018年に再婚した歯科医の夫と別居状態にあると報じた。

「夫婦に亀裂が入ったのは夫が小倉に芸能界活動をセーブするよう求めたこと。
小倉はショックを受けて口論が絶えなくなり、ついに夫は家出。
弁護士を通じて、離婚と前夫との2人の子供の養子縁組解消を求めているそう。
しかも、書類には『誕生してくる赤ちゃんにも会いたくない』とまで書かれていたといいます。
記事では、『芸能人であることを理由に家事も育児もサボっていない』『やり直したいと涙を絞る日々が続いている』などと、小倉が“身重なのに仕事を理解してくれない夫に捨てられた被害者”という論調で語られています。
しかし、それを額面通りに受け取っていいものか……」

週刊誌記者がこう言っていぶかるのは、小倉の所属事務所は木下優樹菜と同じだからである。
さらにこう続ける。

「木下は昨年のタピオカ騒動で『事務所総出』という文言でトラブル相手を脅しており、その後、所属事務所がメディアに圧力をかけてこの話題を封じ込めようとした形跡も見られた。
現在の小倉はママタレとして大ブレイク中。P&Gの洗剤『ボールド』ほか、主婦をターゲットとした多数のCMに出演中です。
もし小倉に重大な非があっての離婚となれば、多額の違約金が発生する可能性がありますから、事務所総出で情報操作を行っていたとしてもおかしくはありません」

 

ネット上でも「これは小倉に非がありそう」「連れ子を養子縁組までしてあげるような夫が生まれてくる子に会いたくないとまでいう理由は……」「2回も妊娠中に男に逃げられるってゆうこりんもなんかおかしいんだろね」といった声が上がり、中には「これ自分の子じゃないパターンだろ」といったこともまで予想した人も少なからずいるようだ。

 

離婚危機報道を受け、小倉は自身のインスタグラムにて「至らない点があった」と語っているが、では「なにが至らなかったのか?」その内容が気になるところだ。

 

そんな中、3月13日放送の『グッド! モーニング』(テレビ朝日系)では、渦中のAさんが反論。映像も音声も流さず、夫が語ったことを読み上げる形で放送された。

 

Aさんは「事実と反する報道がなされていることについて、本当に残念に思います」と切り出し、

「私の役割として、芸能界で活躍する妻を支えることが大切なことだと思っておりますし、やりがいも感じていたので、私から引退を迫ったことは一度もなかったです」と明かした。

 

さらに、昨年のクリスマス直前に突然家を出たという話にも「私から一方的に家を出た事実もありません」。

一部で小倉のお腹の中の子供に「会いたくない」と報じられたことに関しても「お腹の子に限らず子供たちを本当に大切にしていましたし、子供たちも私のことを今も大切に思ってくれているので、流れとしては私が最も望まない形になっている」と強調した。

 

食い違う双方の主張。
一体どちらが正しいのか……?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。