木村拓哉「教場」高視聴率で「HERO」の続編が現実味に?!

「フジテレビ開局60周年記念」として、4日、5日に放送された、木村拓哉主演の二夜連続スペシャルドラマ『教場』は、前編が15.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)、後編が15.0%と連日にわたって高視聴率をマークした。

 

これをきっかけに、ここ数年疎遠になっていた木村とフジとの“蜜月関係”が復活する可能性が出てきたという。

 

かつて、木村の主演ドラマといえば、フジが定番で、『ロング バケーション』(1996年)、『ラブ ジェネレーション』(97年)、『HERO』シリーズ(01年、14年)など数々の大ヒット作を輩出してきた。

 

しかし、『HERO』第2シリーズを最後に、フジのドラマへの出演はなくなり、TBSとテレビ朝日で交互に連ドラが制作されていた。
そのため、今回の『教場』は実に5年半ぶりのフジのドラマへの出演となったのだ。

「近年フジは視聴率が低迷し、木村が数多くの作品に出演してきた“月9”も長く沈んでいましたし、木村にとってはコケてしまうリスクが高かった。
しかし、ここ最近は“月9”も回復傾向にありますし、今なら木村の主演ドラマを“月9”でやれば、それなりの数字は期待できそう。
ここ最近主演ドラマが不振続きだった木村は、『教場』の高視聴率に気をよくしているといいますし、フジ側では歓喜の声が上がっています。
この流れを継続させるべく、フジでは木村サイドにアタックをかけるつもりで、木村としても、もう1度“視聴率男”の称号を取り戻したいでしょうし、ドラマの視聴率を上げたいフジとの思惑が一致する。こうなると、フジでの久しぶりの連ドラ主演も夢物語ではない。
ファン待望の『HERO』続編も実現するかもしれません」(テレビ制作関係者)

 

昨年10月期に木村が主演した連続ドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)は平均12.9%にとどまり、13年10月期『安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜』(TBS系)の12.8%に続き、木村が主演した連ドラ史上ワースト2位の低視聴率に終わっている。
木村自身、この数字にはじくじたる思いだという。
順番からしたら、次はテレ朝の番だが、一発逆転でフジになる可能性もありそうだ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。