坂口杏里、もらった100万円の使い道に三崎優太もあきれ顔?!

青汁王子こと元メディアハーツ社長・三崎優太氏の企画により、100万円をプレゼントされたことで話題となった元タレントの坂口杏里。
そんな彼女のSNSが再び炎上している。

 

坂口は10月11日、自身のインスタグラムを更新。
顔を真っ赤に染めた坂口は、パリピ風の男性とツーショット画像に加え、「たくみに呼び出された。つら。」と、投稿。

 

さらには、大声ではしゃぎ、ビンのお酒をラッパ飲みする動画もアップされていた。
これをみたネットユーザーからは、「呼び出されて遊びに行ってるやないかい!何がつらいんや」「あのときもらった100万円はこのために使ったのか」「結局、更生も口だけ」「有り得ない使い道」と非難轟々だ。

 

芸能記者は呆れ顔でこう話す。

「三崎氏が180人もの人間に100万円をばら撒いたのには、脱税容疑で逮捕された自分への贖罪のためともありますが、日本の未来のためでもあるとし、自分が若者にプレゼントした100万円で、それを元に起業などで成功してほしいなどの思いがあったようです。
問題の坂口が炎上しているのは、その100万円の使い道。
当選した当初から、「ホストに貢ぐのでは」と、批判の声がありましたが、まさか全て飲み代に消えてしまうとは。自ら自腹を切って大金をプレゼントした青汁王子もさぞがっかりしていることでしょう」

 

100万円プレゼントのこの企画は、青汁王子の友人である有名アパレル会社社長がバトンを受け取り、現在も多数の人間に大金がばらまかれている。

 

もし、再び坂口が受け取ったとしたら…今度こそは、更生するための資金として使ってもらいたいものだが果たして?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。