脱税容疑で逮捕された”青汁王子・三崎優太”がツイッターで1億8000万円をバラまく真意とは?!

“青汁王子”こと三崎優太氏(30)が、判決後の9月6日にどデカイ花火を打ち上げた。
なんと「自分が9月6日午後5時にツイッターに投稿した動画をリツイートし、さらに希望した人たちに1億8000万円を山分けする」というのだ。

 

三崎氏は今年2月に脱税容疑で逮捕され、3月に法人税法違反で起訴。
刑事被告人の身の上となったが、9月5日に東京地裁は、三崎氏に対し、懲役2年、執行猶予4年の有罪判決を言い渡した。

 

その三崎氏がバラまきを宣言している。
なぜ1億8000万円なのか?
その真意を本人に直接話を聞いた。
「山分けする1億8000万円は、ボクが脱税したとされる金額と同じです。
あえて同じ金額をバラ撒くことで、今回の脱税容疑による逮捕、起訴がいかに不当なものであったかを世の中に訴えたいんです。
もっと言えば、最終的なターゲットは昨年1月30日、国税局の強制調査が入ったときの国税庁長官だった、佐川宣寿氏を起訴処分に追い込むことなんです」

 

三崎氏の口から飛び出したのは、あの森友学園問題で財務省の公文書改ざんに関わり、国会に証人喚問された佐川宣寿・元国税庁長官の名だった。
三崎氏の主張の詳細はアップされる動画を見てもらうとして、ここで氏の経歴を簡単に振り返っておこう。

 

三崎氏は札幌市出身。
2007年、18歳のときに株式会社メディアハーツを立ち上げ、2014年に美容通販事業をスタート。
『すっきりフルーツ青汁』が爆発的なヒット商品となり、一躍“青汁王子”の異名を取ることに。
「三崎氏は『すっきりフルーツ青汁』の大ヒットで20代にして年商120億円超えを達成した立志伝中の人物。
若きカリスマ経営者としてメディアにも引っ張りだこの人気でした」(経済誌デスク)

 

わが世の春を謳歌していた三崎氏だが、昨年1月、国税局の強制調査が入ったことで運命が激変する。
「国税局から捜査を引き継いだ東京地検特捜部は今年になって三崎氏を逮捕・起訴。そのため同氏はメディアハーツ社の代表取締役辞任を余儀なくされたばかりか、個人的な借金約4億円を抱えるはめになったといいます」(前同)

 

まさに天国から地獄に突き落とされた青汁王子。
だが王子にも言い分はある。三崎氏が熱っぽく語る。
「脱税の定義は難しいんですが、ボクは法人税14億4000万円を納税しています。
今回、法人税法違反で起訴された金額は約1億8000万円。
当時、ボクの月収は約1億円で、そのうち5500万円を税金として納めていたわけです。
そんな自分にとって1億8000万円は、言っては何ですが、それほど大きな金額ではなかった。
そのためにわざわざ脱税するはずがないんですよ」

そう説明する三崎氏。
「少なくとも、ボクには脱税して国に損害を与えようとする意図はまったくなかった」と語り、続ける。

「結果としてミスがあったことは認めますし、金額が1億円を超えると追徴課税では済まなくなると弁護士の先生からも聞いていたので、判決は甘んじて受けるつもりでいます。
法治国家である以上ね。
しかしながら、国税局の取り調べは理不尽で納得できない部分も多かった。
取調官が“おまえ、潰すぞ!”と恫喝してきたり、祖父母の体調が悪いことを知ったうえで”こんな態度を続けてるとおばあちゃんも長くないぞ”と肉親のことまで引き合いに出して脅したり、そりゃあひどいものでした」

さらに続けて、

「何より納得できないのはうちの会社に国税局の強制調査が入ったときの国税庁長官が佐川サンだったことです。
あの人のやったこと覚えてます?
森友学園に国有地を不当に安い価格で払い下げた疑惑で重要な役割を果たした当時の財務省理財局長ですよ」

 

佐川氏は森友問題で財務省の公文書改ざんに関わっただけでない。
「国会の参考人招致や証人喚問の場でも“刑事訴追の可能性があるので答弁を控えさせていただきます”と徹頭徹尾、疑惑を否定。安倍首相と昭恵夫人、財務省と麻生財務相を守り抜いた論功行賞で、17年7月に国税庁長官に就任しています(18年3月に懲戒処分を受け依願退職)」(全国紙政治部記者)

 

三崎氏は憤懣やるかたない表情でこう話す。
「みえみえのウソをつき通したとしか思えない佐川サンが、安倍内閣の覚えめでたく国税庁長官に出世するなんて、ありえなくないですか?
あんな人が長官やってるときに国税局の強制調査を受けた自分に言わせてもらえば”嘘つきに、嘘つき呼ばわりされたくない”ってなもんですよ。
絶対に納得できません」

だが、そんな三崎氏の思いとは裏腹に8月9日、大阪第一検察審査会が不起訴不当と議決したのを受けて再捜査していた大阪地検特捜部は佐川氏を再び不起訴処分とする。
これで捜査は終結したことになる。
「再度の不起訴処分で現実に佐川氏を断罪するのは難しくなりましたが、自分の訴え、主張を取り下げる気はまったくないですね。
なんとか一矢報いたい。
言葉が適当か分かりませんが“報復したい”という気持ちは変わってないし、これからも世間に訴え続けていくつもりです」
と三崎氏は断言する。

「財務省の高官は退職後、優雅な“天下りツアー”が約束されてますからね。
ほとぼりが冷めた1~2年後には佐川氏にも立派な天下り先が用意されているはずです」(全国紙経済部記者)

 

三崎氏の怒りの矛先は他にも向けられる。

「脱税容疑といいますが、ボクらも専門家ではないので分からないこともある。いきなりレッドカードではなく、その前にイエローカードを出してほしかったという気持ちはありますよ。
10月から消費財も10%になる。
増税したいという財務省の意図も分からなくはないですが、金持ちにも貧乏人にも一律にかかってくる消費税はやはり一般庶民にはキツイですよ。
カネを稼いできた自分のような人間が言うのも何ですが、税金はもっと富裕層から取るべきなんです、本来は。
法人税ももっと上げていいと思いますよ。
ただし税金の使い方は納得できない部分も多い。
せっかく納めた税金がバカな使われ方をされているのを見ると絶望的な気持ちになります。
現にボクの知ってる富裕層の中にも海外に移住する人が増えている。これって日本にとって大きな損失ですよね」

 

ところで、今年3月の保釈後はSNSを通じて盛んに発信してきた青汁王子。
この夏には焼き鳥店でバイト。
その後も新宿歌舞伎町のホストクラブで“三崎愛汁(えちる)”の源氏名でホストとして働くなど、自身の言動を次々に発信。
メディアでも大きく取り上げられたのはご存じの通り。
「8月19日から勤務した老舗ホストクラブ『愛本店』では初日に370万円、2日目に430万円の売り上げを記録。
3日で1200万円を突破する売れっ子ぶり。
その後、移った『BUZZ』でも一晩3000万円の売り上げを達成したそうですが、8月31日のシャンパンタワーを最後にホストを“卒業”しています」(夕刊紙記者)

 

王子の面目躍如!?
そのへんを三崎氏に聞くとこんな答えが返ってきた。
「実はすべては話題作り。
炎上商法を狙ったんですよ。
自分に訴えたいことがある以上、世間に忘れられてはいけない。
その一心でした。
まぁ、でもホストは勉強になったし、楽しかったですよ。
予定通り8月いっぱいで辞めましたけどね。
ツイッターを通じて1億8000万円バラ撒くのも狙いは同じ。
ボクの主張に皆さんの耳を傾けてほしいからです。
おカネを撒くやり方はZOZOの前澤社長の“1億円のお年玉”を参考にさせてもらいました。
なぜ、自腹を切ってそこまでやるのかと思われるかもしれませんが、答えは、それぐらい口惜しい思いをさせられたから、です。
おカネの分け方は抽選とかではなく、フォロワーに自分のやりたいことを呟いてもらって、それをボクなりに判断させてもらおうかなと。
分配金が100万円単位になるか、1000万円単位になるか、まだ分かりませんけどね」

 

8月20日には「NHKから国民を守る党」の立花孝志党首が三崎氏に接触。
次期衆院選への立候補を要請される一幕もあったが、
「政界への進出?
今はまったく考えてないですね。
正直、ボクはNHKの受信料のことにもあまり関心ないし(笑)。
ただ立花さんには人間的な迫力を感じました。
なので、今後一緒に何かやる可能性はなきにしもあらず、ですかね。
自分のターゲットはあくまでも佐川サン。
そもそも消費増税は彼が森友問題について説明責任を果たし、国民に謝罪してから行なうのが筋でしょう。
ボクにとってはこれからが本当の勝負。
今後も二の矢、三の矢を放つつもりですので期待してください」

 

青汁王子の“逆襲”の行方やいかに。
三崎氏の今後の動向からますます目が離せなくなってきた。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。