SMAPの元メンバーはなぜテレビに出ない?!公取委がジャニーズに注意するも事務所は否定!!


SMAPの元メンバー3人のテレビ出演を巡り、大手芸能事務所のジャニーズ事務所がテレビ局に出演させないよう圧力をかけた疑いがあり、公正取引委員会が独占禁止法違反の恐れがあるとして事務所に注意していたことが明らかになった。

近年、芸能人が所属事務所との契約を巡ってトラブルになるケースが相次いでおり、公取委は事務所への監視を強化していた。

SMAPの元メンバー、稲垣吾郎さんと草彅剛さん、香取慎吾さんの3人は2017年9月、ジャニーズ事務所を退所。
しかし退所後、香取さん出演の情報番組「SmaSTATION‼」、草彅さん出演のバラエティー番組「『ぷっ』すま」、稲垣さん出演のバラエティー番組「ゴロウ・デラックス」が今年3月末までに次々と終了していた。
現在は映画や舞台、ネット番組を軸に活動している。

公取委などによると、数年前には、所属事務所から独立しようとした女優が活動休止状態に追い込まれたうえ、芸名の変更を余儀なくされた。
また、ある芸能事務所が芸能人の移籍への萎縮効果を目的に、離籍した芸能人の悪評を流布し、製作者との契約成立を妨害した事例があったとしている。

民放テレビ局幹部は、昨年末から今年初めごろに公取委から調査を受けたことを認める一方、「ジャニーズ事務所から明確な圧力を受けたとは聞いていない。ただ制作側が過剰にそんたくする構図はあったかもしれない」と話した。

コラムニストの中森明夫さんは「急にテレビに出なくなったのは誰が見ても違和感があったはず。ジャニーズ事務所は記者会見をして説明責任を果たさなければ、事務所にも芸能界にも未来はない」と話す。

一方でジャニーズ事務所は、元SMAPを出演させないようテレビ局に圧力をかけたという報道を、公式サイトで否定した。

ジャニーズ事務所は「2019年7月17日報道に対するご報告」と題した2019年7月17日付の文面で「弊社が公正取引委員会より独占禁止法違反につながるおそれがあるとして注意を受けたとされる報道についてご報告申し上げます」と、報道に対応。

「弊社がテレビ局に圧力などをかけた事実はなく」と圧力を否定し、「公正取引委員会からも独占禁止法違反行為があったとして行政処分や警告を受けたものでもありません」と、行政処分や警告も受けていないと説明した。

その上で、「とはいえ、このような当局の調査を受けたことは重く受け止め、今後は誤解を受けないように留意したいと思います」と、注意して活動していく方針を表明している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。