頭皮が臭い原因は?!短髪男性でも自然乾燥はダメ!!


高温多湿の日本の夏は、何かと臭いが気になるもの。
満員電車での臭い、汗が染み込んだシャツや靴下……他人の臭いもさることながら、自身の臭いにも敏感になる時期です。
しかし実は、自分では気づきにくい部分もあります。頭皮の臭いです。

加齢臭が気になりはじめる世代は、頭皮臭ケアも大人の身だしなみとして心得ておきたいものですが、「実際にどんなケアを講じればいいの?」と疑問に思う人も多いでしょう。
今回は、うっかり頭皮を臭わせないための簡単なセルフケアを紹介します。

以前、超有名な毛髪診断士に夏の頭皮臭について話を伺ったことがあります。
数多の頭皮を覗いてきた専門家から出た驚きの一言は、「朝イチでサロンに来た人でも、頭皮臭がするケースは少なくない」。

「どうせサロンでカットする」と、朝シャンを自然乾燥させて来店するのが、その原因だそうです。
特に夏場は、出かけてから目的地に着くまでに、頭部は蒸れてサウナ状態。
湿った頭皮に汗や皮脂が加わり、短時間で菌が繁殖して臭いの元が作られるのです。

まずは、洗髪後にしっかりとドライヤーで頭皮を乾かす習慣を身につけください。
朝シャン派にかぎらず、自然乾燥は頭皮臭を発生させる最も重大な原因になります。
たとえ短髪の男性であっても、自然乾燥はやめたほうが賢明です。

美容師や毛髪診断士が、頭皮の臭いに敏感なのには理由があります。
人の真後ろに立ち、頭部の上に鼻先を向ける機会が多いから。
日常生活の中で、このように頭皮の臭いが伝わりやすい位置は、満員電車やエレベーター内。自分が気づかぬところで、頭皮臭を漂わせているかもしれません。

また、写真を撮るときに顔が接近したり、大好きな人にハグされたり……そんな瞬間も自分の臭いが気になります。
しかし、次のようなセルフケアを用いれば、必要以上に頭皮臭を恐れなくて大丈夫です。

頭皮臭予防でいちばん役立つのは、正しいシャンプー法。
日中の汚れや皮脂、スタイリング剤は、寝る前にしっかり洗い流しましょう。
肌が最も代謝している夜中を、クリーンな状態で迎えられます。

洗髪をせずに就寝すると、頭皮に溜まった皮脂の酸化が進み、スタイリング剤が地肌にこびりつき、「臭いの元」が落ちにくくなります。
疲れていても、その日の汚れはその日のうちに落すようにしましょう。

しかし、1日に2回も3回もシャンプーをするのは厳禁です。
皮脂を取りすぎたり、頭皮を刺激することによって、逆に皮脂を過剰に分泌し、臭いの原因を活発にさせてしまいます。
また、洗い方やすすぎが甘いと汚れも残りやすく、これらが皮脂と混ざって臭いを発生させます。

正しい洗髪の要点は以下の通りです。

・シャワーによる予備洗いは2分程度
・シャンプーは手のひらで泡立ててから使用
・髪ではなく頭皮をまるごと洗う
・トリートメント剤は頭皮につけない
・最後のすすぎは、髪を掻き分けて頭皮にも直接シャワーを当てる

まず、頭皮と髪の汚れは、予備洗いで6割以上が落ちるといわれています。
しっかりお湯を行き渡らせるとシャンプー剤がより泡立ち、スタイリング剤などの汚れも1回の洗髪でもきれいに落ちます。

手のひらでシャンプー剤をしっかり泡立てて、指の腹で頭皮をマッサージするように汚れを落とします。
トリートメント剤は、頭皮につけないように。
油分が多いトリートメント剤が残ると、頭皮臭の発生原因になります。

最後は、頭皮にもシャワーを当てて、ぬめりがなくなるまでしっかりとすすぎましょう。
なお、頭皮の乾燥を防ぐために、ぬるま湯(40℃以下)にすることをオススメします。

また、週に1~2回、地肌専用のディープクレンザーを使用してみるのも手です。
普段の洗髪で落としきれなかった頑固な皮脂汚れなどをスポンッと取り除くので、臭い対策に有効です。

真夏は、出社したり出先に到着したりした時点で、すでに頭皮が汗でびっしょりってこともあります。
このまま一日を過ごしたくない、そんな時にオススメなのが、頭皮専用の「地肌リフレッシャー」。
炭酸入り商品の場合、頭皮に吹きかけるとシュワッとした爽快感と共に消臭します。

ミントやライム、レモングラスなど、清涼感のあるハーブ配合や石鹸の香りなど、お気に入りを探してみてください。
タオルなどで地肌と髪の汗をふき取ってから使うとより効果的です。

自分では気づきにくい頭皮臭。
シンプルですが、これらのケアを取り入れることで、頭皮臭は落ち着くはずです。
蒸し暑い夏も、爽やかな頭皮で乗り切りましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。