2015年、テレビから消えたタレント・・・


とにかく明るい安村、藤田ニコル、おかずクラブなど、今年もたくさんのニューフェイスがブレークを果たしたが、その一方で、テレビから姿を消した人気者も少なくない。
そこで、番組出演データを元に“消えたタレント”を調べてみた(出演時間は、2013年、14年それぞれのプライムタイムで比較)。

●山岸舞彩(アナウンサー・元タレント)
2014年 36時間19分(31回)
2015年 3時間28分(3回)
増減率 -90.5%

『NEWS ZERO』(日本テレビ系)のキャスターとして知られていたが、今年7月下旬に結婚を発表、9月いっぱいで同番組を降板、芸能界を引退した。

●川越達也(料理人)
2014年 39時間56分(23回)
2015年 4時間13分(4回)
増減率 -89.4%

『お願い!ランキング』(テレビ朝日系)をきっかけに、イケメンシェフとしてブレーク。ここ数年、減少傾向が続いているが、2015年は9割減。最近は、ディナーショーやイベントへの出演が目立つ。

●アイドリング!!!
2014年 62時間53分(38回)
2015年 11時間27分(9回)
増減率 -81.8%

活動10年を迎えた今年10月末でメンバーが全員卒業し、活動休止状態に。
先日、元メンバーの菊池亜美が「卒業生全員にAV禁止令が出されている」と発言し、話題に。
はたして、裏切り者は!?

●デニス(お笑いコンビ)
2014年 41時間2分(25回)
2015年 7時間36分(4回)
増減率 -81.5%

ブラジル人とハーフの植野行雄と松下宣夫のコンビ。
植野は昨年、マテンロウ・アントニーらと共にハーフ芸人としてブレークしたが、今年は出演時間が激減。
植野のピンでの出演が増えたのかと思いきや、こちらも約8割減となっている。

●みかん(ものまねタレント)
2014年 43時間16分(28回)
2015年 8時間10分(4回)
増減率 -81.1%

土屋アンナや西川史子のものまねでブレークするも、今年はジャニーズJr.ものまねのジャガーズや、ジャイアンものまねのカズマ・スパーキンといった変りダネに席巻されてしまったようだ。

●かもめんたる(お笑いコンビ)
2014年 31時間23分(19回)
2015年 9時間38分(5回)
増減率 -69.3%

「キングオブコント2013」で優勝。
昨年「王者になったにもかかわらず、ぜんぜんブレークしていない」と語っていたが、そんな状態から今年はさらに7割減に。
「キングオブコント2015」王者で、現在ブレーク中のコロコロチキンペッパーズの未来は果たして……。

●水沢アリー(タレント)
2014年 31時間58分(30回)
2015年 10時間56分(15回)
増減率 -65.8%

「第2のローラ」と呼ばれ、強烈なキャラクターで13年にブレークするも、ハーフタレント戦国時代を生き残れず……。
さらに今年は、ハーフモデル・藤田ニコルのブレークでさらに窮地に。

●今井華(モデル)
2014年 32時間15分(22回)
2015年 12時間6分(10回)
増減率 -62.5%

テラスハウスメンバー。露出減の裏には、「タメ口」が反感を買ったというウワサも。

●はんにゃ
2014年 30時間34分(17回)
2015年 11時間55分(8回)
増減率 -61.0%

『はねるのトびら』(フジテレビ系)でブレークするも、その後の出演は右肩下がり。
さらに、今年9月いっぱいで『ピラメキーノ』(テレビ東京系)も終了し、プライムタイムで6割減となった。

●クリス松村(タレント)
2014年 53時間42分(44回)
2015年 20時間59分(25回)
増減率 -60.9%

こちらもここ数年、右肩下がり。
オネエタレント枠も最近は入れ替わりが激しく、今年は“ニューキャマ系”GENKINGが登場するも、露骨なゴリ押しに視聴者から反感を買っている模様。

引退、活動休止は仕方がないにしても、芸人のブレークサイクルは年々早くなっているようだ。
来年、とにかく明るい安村や、おかずクラブ、厚切りジェイソンといった面々が、このランキングに名を連ねないことを祈りたい。

ズッコケ芸能...

ズッコケ芸能…
価格:648円(税込、送料別)