ももいろクローバーZ、紅白歌合戦落選は過度な演出要求のせい!?


3年連続で出場していた『NHK紅白歌合戦』に、まさかの落選……。
ももいろクローバーZの“紅白落ち”に、「演出上の問題」があったという話が持ち上がっている。
NHK関係者によると、ももクロ側が要求したド派手なサプライズ演出に対し、NHKが難色を示したというのだ。

「ももクロ側は自分たちの演出の都合で、NHKにステージ上の協力を要請していたんです。
協力のお願いといえば聞こえはいいですが、過度な要求に近いものだったと聞きました。
これをやるとなると、番組側に多大な労力が必要になって、ほかのアーティストとの調整も必要になるものだとか。
問題は、番組側にもその演出の全貌を明かさなかったこと。
“サプライズ”の一点張りで、出場確定の約束がされていない段階での相談だったので、結果的に却下になったというんです」(同)

NHK紅白は今年、受信料の支払い率が高い高齢者の要望を聞き入れ、高齢者に認知度が低い女性アイドルを減らす傾向だったことがわかっている。
複合的な理由での結果だとは思えるのだが、この関係者の話が事実なら、当初ももクロは出場内定、少なくとも出場の可能性があったと思われる。

「ももクロ側は落選することが想定外だったのかもしれませんが、演出の全貌をNHK側に伝えられなかったのは、実は演出案が完全に出来上がっていないハッタリだったんじゃないかと話す人もいます。
紅白はそういうアーティストを敬遠する傾向があります」(同)

紅白の出場に関しては表向きNHKに一任されているようで、実際は大手芸能プロとレコード会社のいわゆる“日本の音楽業界トップ”が別枠で出場を決めたりもしている。
一説には、そういうところから「切り捨ててよし」とのお墨付きが出たというウワサもある。

一方、演出上の交渉決裂の話を「落選の理由ではない」とする別の関係者もいる。
NHKの音楽関連事業に携わっている人物は「人気凋落」を理由に挙げる。

「今年発表したシングル3作がいずれもチャート上位で、来年のドームツアーの予定とか表向き一定の人気が示されてもいるけど、関係者や熱心なファンなら最近のライブチケットのダブつきなどから人気低下を肌で感じている。
ライブ回数を減らしても集客力が落ちているのは、興行会社が数字で示していた」(同)

ももクロの熱狂的なファンでもある追っかけライターも
「確かに地方の集客が悪くなり、ライブビューイングの数も減らしているので、人気は下降気味の印象は拭えません。
原因はいろいろあると思うんですが、目に見えたのが“モノノフ”と呼ばれる熱狂的ファンの“卒業”で、運営の方向性に嫌気が差して、離れていく人がいること」。

ももクロは所属事務所の有力者がメンバーの意向も無視する独断的なやり方をすることが一部ファンの間でも知られるほどで、落選判明と同時に公式サイトで“紅白卒業”を宣言した不用意な反抗姿勢も、この有力者の意向だったといわれる。

この卒業PRは「二度と出ない」とするNHKへの絶縁通告のようなもので、NHK関係者のみならず芸能界でも大いに不評だった。
しかし、NHKとの交渉決裂やファン離れが落選の理由だとするなら、運営側はここで冷静に戦略を見直したほうがいいのかもしれない。

【楽天ブックス限定 トレカ付】【セット組】 「AMARANTHU...

「AMARANTHU…
価格:7,305円(税込、送料込)