低レベルすぎる中国企業!!”熊本地震祝賀セール”に避難轟々!!


いまもまだ余震が続く熊本地震に対し、世界各国から支援や哀悼の意が寄せられている。
中国の習近平国家主席も、遺族や負傷者を見舞うメッセージを天皇陛下宛てに送った。

ところが、中国の複数の民間企業が、今回の地震に便乗した“反日商法”を展開。
これには、中国ネット民からも非難が相次いでいる。

香港の「蘋果日報」(4月17日付)が伝えたところによると、調理器具などを販売する「浙江永康市尊誠工貿公司」が中国版Twitter「微博」の公式アカウントで17日昼ごろ、熊本地震祝賀セールを告知する投稿をした。

「日本の大地震を祝し、今日から3日間は一律超低価格。
余震がやまなければキャンペーンは継続し、もしマグニチュード8の地震が起きたらさらにディスカウント。
10万人が死んだらもっと安くなり、日本が沈んだら在庫一掃セールをします」

ネット上では、門扉を販売する「昆明銀工務防門控」という企業や、中古車販売業者など、複数の企業が同様の告知を行っている。

これらの投稿に対しては、さすがに中国ネット民からも「こんな会社は早く潰れるべき」「こういう人間こそ、地震に遭うべきだ」などと非難轟々。
いずれの企業も、告知から3日を待たずに投稿を削除している。

東日本大震災の際には、中国のネット上に日本の被害を祝うコメントが相次いで投稿された。
それに比べれば、今回祝賀セールを告知した企業に非難のコメントが殺到したことは成長といえるのかもしれないが、反日感情をこじらせたような低レベルな言動がこの国から一掃されるには、まだまだ時間がかかりそうだ。